パリのワールドカップ

ムワムワ暑いバスの4人掛けの座席によっこらしょと座りましたら、既に座っていた3人が俯いて真剣顔をしていました。横目で観察していると、頷いたり、手を広げたり、ため息ついたり、3人同じリアクションをするんです。1人は30代位の地味なデブ気味男性、もう1人は可愛い20代のほっそりした女性、そして40代のおばちゃん。3人の共通点は見当たりませんし、彼らは真っ赤な他人です。そのうち、亀の歩みのバスから見える外から、地響きのような怒濤が湧きあがりました。何の事件かと目を見張れば、そこら中のキャフェから道一杯に膨れ上がっている人間が狂喜乱舞していました。その1分後位にバスの3人も拳を振り上げました。なるほどサッカーです。テレヴィでの実況中継と、ネット中継とではかなりの時差があるんですね。

65%のフランス人がワールドカップを見ているそうです。パリには、こんなにあって良く商売が成り立ちますねと思うほどキャフェがありますが、そのほとんどが、ワールドカップの為に大型テレヴィを設置してサッカー中継を流しています。テレヴィを置かない気取ったキャフェは閑古鳥です。キャフェからはみ出た人達は立ち見でちゃっかり見ています。まるで昔々、近所で最初にテレヴィを買った人の家に窓越しにテレヴィを見に行く貧しい庶民の恰好です。

 

 

ブティックに入っても、パソコンにかじりついている店員はお客そっちのけ。

そのような情熱に同感できない私は、家でテレヴィが点いているから仕方なく試合を眺めていても、目に付くのは余計な物ばかり。壁に出るコマーシャルで中国語だけで出ていたりして、中国語を解しない少数の人間の事は頓着しないというダイナミックな考えには感動さえしました。

ヘディングが悪いのか禿が多い選手の一々に、あの人いくつ?と息子に聞いて、28歳、なんて聞くとつくづく気の毒になったりします。

準決勝が決まった日は、もう優勝したかの勢いで、凱旋パレードの定番、シャンゼリゼ通りが賑わいました。その日は大学進学資格のバカロレア全国統一試験の結果発表があり、学校の終業式でもあり、ヴァカンスに突入した幸せ絶頂のフランスでした。
 

 

 

 

 

 

 

パリのお一人様

よーく見回してみますと、私の周りは一人者が殆どです。一度も結婚していない人もいれば、少なくとも一度は結婚した人とか、死別した人とかと状況は色々ですが、カップルとしての生活を営んでいない人ばかり。良い人がいりゃ考えなくもないけど、今更誰かと一緒に暮らすのも相当の勇気がいるわな、というのが皆の思いです。

面白い記事を読みました。心の支えは誰ですか?のアンケートで、
日本人、アメリカ人、ドイツ人、スエ―デン人の男女で調べた所、男性はアメリカ人以外全て心の支えは妻でした。アメリカ人男性は子供が心の支え。打って変わって女性は4か国揃って、心の支えは子供ときっぱりでました。
子供さえいれば旦那はいらないとよく聞きますが、本心のようですね。反して男性はやはり嫁べったりになるようです。嫁はんに先立たれた旦那は直ぐ後を追うと言いますものね。
それにしても心の支えが子供というのは危険極まりないと思います。親の思い通りにならないのが子供ってもんです。子供は自分の人生をぐんぐん行きますので、そこに親の場所を作ってくれる奇特な子供なんて,まぁいませんがな。私自身がそんな子供なのですから。いまだに私の母はいつ私が日本に戻って来るのか首を伸ばして待っているのです。他に誰も居ない、妻だけを心の拠り所にしている旦那と2人で支え合って生きて行くのが正解の人生だと思うのです。が、これが又超難問。

一人者ばかりなので、誘い合って遊ぶのも手軽にできます。週末プチヴァカンスに行ったり、昼間っから飲んだくれたり、夕方からキャフェのテラスに賑やかに陣取って夕食作るの忘れたりと女の人は自由を楽んでいられます。これじゃ誰かに束縛されるなんてまっぴらごめんだわとなる訳です。

一方、一人身の男性は癌などの病気になる確率が非常に高くなるそうです。

中国では、5人に1人の男性が結婚どころか、ガールフレンドも居ないと言います。これはアメリカが仕掛けた産児制限の結果、圧倒的に女の子の数が少なくなってしまったからです。アメリカって他所の国の事を何でもコントロールするんですよね。日本も韓国もインドもアメリカによって産児制限させられたんですからね。アメリカは発展途上国の人口が増えると共産主義になると危惧しているそうです。ほっとけ。
女性の数が少なければ、貧乏人にとって大金が必要な結婚なんて夢の又夢、破れかぶれになって少女誘拐が多発しているそうです。

パリジェンヌ(女)の半分は独身です。独身といっても結婚していないというだけで、1人でおとなしくしているパリジェンヌ(女)なんているわけがなく、アヴァンチュールを楽しんでいるはずです。パリジャン(男)だって半分近くは独身なんですから、いくらでもその辺歩けば良い人にぶち当たりそうですが、そうは行かないのが人生ってもんです。

なんでもカップル単位だったフランスも、最近は夜のレストランなどでもレズでなく女性同士やホモでなく男性同士で楽しそうにテーブルを囲んでいる風景が多く目に付くと感じます。映画やコンサート、展覧会など私は一人で行くのが好きなのですが、そんなお一人様は結構います。

 

 

 

私の憧れは船乗り。1年に2か月位しか陸に上がってこないような。そしたらうんと優しい良い嫁になれるのにな。早く帰ってきてね、なんて本気で言えるような。誰かいないかなぁ。

 

 

 

 

 

パリのお医者さん

パリの大気汚染の酷さは既にお話したと思いますが、その被害をとっぷり被ったという事もご報告しましたね。やっとやっと待ちに待ったアレルギーの専門医の予約日になりました。
通常通り、ボンジュール ドクターXXX、と握手をしてのご挨拶。このドクターの名前がちんぷんかんぷんで覚えられない事もままあり、その場合ただ、ボンジュール ドクターと省略されます。
今回のドクターはいたって平凡な名前でした。
”どうなさいましたか?”とお決まり文句、聞かれた私は患者らしくぺらぺら状況説明をしました。
”前は他のドクターになんと言われましたか?”
”今回初めて専門医に来ました”
”ほー、私があなたの初めての専門医ですか、それはそれは何とも光栄ですなぁ~。いや~私を信用してくだすったんですなぁ、嬉しい限りですわ”
薄ら笑いを浮かべるしかできませんでしたよ。アレルギー専門医が歯医者や美容院のように近所にうようよいるわけがなく、チョイスはそうそうないので。。。。
”お見かけしたところ、あなたはアジアのオリジナルの様ですが、どちらのご出身で?”
”日本人です”
”ほー、ニッポンはいつもお天気が良いんでしょうね”
”?????今は世界中おかしな気候になって、日本も夏と冬が日替わりになっているようですよ、ここフランスしかりですよね”
”大統領の言っている事を真に受けてはいけませんよ”と突然言い出したり、話は尽きません。

話の合間には、それでも肺活量を調べたりするのですが、”おやおや、小っちゃいですね、男性なんかびよ~んと飛び出すのかと思うほど伸びるのですがね。まぁあなたは体自体が小っこいから、こんなもんでしょう。気にしないで、問題ない、問題ない”

聴診器を当てて”はい大きく息を吐いて、吸って”と言うくせに質問するもんだから、息を吸ったり吐いたりすることも、質問に答えることもできない有様になりました。

しかしながら、最後の方では、懇切丁寧に、先ずレントゲンを撮って、お薬はこのような作用があるXXXとXXXXを服用してなど、今後のスケジュールを説明してくれ、硬い握手を交わし別れました。

な訳で、よく映画で見る、興奮した時に発作が起きてバッグの中身をぶちまけて震える手で探すあの吸入器を常に携帯する身分になりました。

それにしても、フランス人のドクターは個性的な人が多いのか、たまたま私がそんなドクターにいつもあたるのか?
今回もおもろいドクターです。

 

 

 

 

 

 

 

親で決まる人生

パリ8区の超シックなアヴェニュー モンテーニュにあるラヴェニューというレストランが人種差別も甚だしいというニュースが流れています。アラブ、アフリカン、アジア(特にツーリスト)、デブ、 ブス、年寄りはお断り、とにこやかに門前払い。例外は有名人ならこのカテゴリーに相当してもウエルカム、テラスに座らせてもらえます。白くてもあまり見栄えが良くないと2階に案内され、外から見えないところに座らされます。しかし、こんなの今に始まったことじゃないのに。パリの気取ったシックなお店は昔からこんな掟があったと思います。近頃は皆とってもハラスメントに敏感で大騒ぎになります。

なので、このレストランの評価も”クール!”と”最悪”の両極端に分かれます。
こういった場所で美しい従業員に最高のスマイルでスマートにサーヴィスされ居心地良く過ごせるピープルは、やはり生まれが違うというのはあると思います。
パリとその近郊在住で、親が管理職の子供の半分はやはり管理職に就くという統計があります。労働者の子供の5倍のチャンスで管理職になるのです。
シャンゼリゼやサン ジェルマン デ プレなど高級な地区にあるプライヴェートの専門学校の生徒達なんか、朝からシックなキャフェで搾りたてのオレンジジュースなんか優雅に飲んでいます。
下校時間の学校の前を通ると良く思うのですが、私立の良い学校は金髪系の子がやたら多いです。フランス人で髪の色が明るい金髪系の割合は30%位です。それなのに金髪系がとても多いんです。アラブ系、ブラック、アジア系はとってもとっても少ないです。下町の公立の学校などでは、アジア系がやたら多かったり、アラブ系が目だったりという特徴も地区によってあります。
やはり、家庭環境は子供の人生に大きく影響するようです。

18世紀、19世紀の大作曲家の子供時代の本を読んでいて面白かったのは、大抵の家は貧乏だったんですね。メンデルスゾーンなんかはユダヤ人の才覚を発揮した父親のお陰で豊かな環境で育ったようですが。
貧乏なりにも、大抵親が楽器を演奏しているんです。家の中にピアノやヴァイオリンが転がっているんです。誰かが楽器を奏でればのど自慢の母親が歌い始めるという環境です。父親が教師というのも多く、教育に熱心で、子供の才能をいち早く発見しそれを伸ばす方法を知っている。そして、将来の大作曲家はどの子も美しい声をしていて、聖歌隊の合唱団のスターでした。音楽家など、貧乏なボヘミアンになるんではないだろうか、と親が心配するのは今も昔も同じで、ちゃんと学校へ行きなさいというパパの命令に素直に従い進学した大作曲家は皆、一時期にせよ法学部へ通ったというのも興味深いです。

今の時代は、立派な音楽家になるには3代かかると言いまが。1代目が大金をつぎ込んで、音楽を勉強するのに良い環境を整え、その環境で勉強した2代目が、培った知識を3代目に全部受け渡し、やっと3代目が舞台の光を浴びる。無知で貧乏な親の子供にはあり得ない道です。

前回のブログにも書きました、神様に依怙贔屓された美しき人々程すべてを持たなくとも、せめて美だけでも授かれば素晴らしき人生になるんでしょうね。
あ~あ。

 

 

 

 

 

 

ゲホ ゲボ ゲオ

あ~良い天気、なんて浮かれてなんていられません。だって天気が良い=大気汚染発生という図式が出来上がるからです。パリはピークの時は北京に負けない大気汚染数値になります。
世界で年間7百万人が大気汚染の所為で死亡しているという恐ろしい数字が出ています。これは、エイズや車の事故よりぐんと高い死亡原因の数字です。
そして、世界の10人に9人が汚染された空気を吸っているという、これまた恐ろしい昨今です。
 

 

大気汚染に弱いのは、子供や年寄り。私はもう子供ではないので、この年寄りカテゴリーとして、大気汚染被害者です。咳が始まれば100日は咳をし続けるという苦悩の日々が続きます。胸の辺りに疲れを感じる時など、肺癌、又は喉頭癌なんてのもあり得るかしらと想像しているのですが、大気汚染が引き起こす悪い事は、脳溢血、狭心症、早産、男性の生殖能力低下等、なんだか関係ないようなところまで及んでいます。特に男性の生殖能力低下っていうのは、え~?と思ったのですが、大気汚染の代表国インドはもうじき中国を追い抜く勢いで人口が増加していますが、不妊問題も増える一方だという記事を読みました。
大気汚染ランキングは、世界容認基準の5倍の汚染率をキープしている中国、インドが断然だろうと思い込んでいましたら、アフガニスタンが圧倒的な1等賞でした。
へ~と思う事ばかり。

今年も専門医に予約をしたのですが、取れた予約日は2か月後。いつ咳が始まるかハラハラです。雨の日だけ外出して、文字通り息をひそんで隅の方に引っ込んでいます、としたいところですが到底そうはいかず、ばっちい空気に身をさらしています。
フランスは農業国なので田舎に行っても空気は農業によって汚染されていて、地方都市は工場により汚染されていて、とどこに行ってもろくな空気ではないようです。
パリにも酸素バーがあるので通おうかしら。純粋な酸素をガンガン吸えば汚れたフィルターを洗うように私の肺もすっきり綺麗になるのかしら。

 

 

 

 

 

 

あ~何ってこったぁ!由々しき出来事

前の晩帰宅したのがかなり遅かったので、その朝ゆらりと起き出した時は既に息子は出かけていました。テーブルの上に大きな封筒、そこに貼ってあるどピンクのポストイットがイヤでも目に止まりました。眉間にめいっぱいしわを寄せて見て見れば、”大大大至急のエクスプレスで今日中にこれを郵便局から送ってください、宜しくお願いします” なんであの子はいつも大大大至急ばかりなのかしら。朝の儀式をしているうちにそのことを忘れた所にSMS。”送ってくれましたか?” ”まだ” ”とても大切な事ですので、なんとか大緊急でお願いします” ”ハイハイ” 封筒をよく見れば、あのタコが!それは来年度の進学希望の学校の書類審査の為の提出書類です。場所は良く知っている所だし、そっち方向についでがあるので直接学校に持って行ったろう、と親切心が湧きました。”学校に直接持っていきます”とSMSを息子に送ると、”ありがとう、ジュ テーム 母さん”

雨降る中、学校に着きました。運良く一人の生徒が出てきたところで門が開き、ここから入っていいのかしら?と聞けば、爽やかに、ハイ どーぞお入りください、と好青年。

建物の中に入ると、あら、中はし~~~んとしています。受付の小部屋は真っ暗。受付の閉まっている時間帯などを100回確認しても、その日のその時間は開いていなければなりません。ちょっと席を外しているのかしら、と呑気に15分位は待ったのですが、イライラが立ってきました。チッ、もう郵便局から大緊急で送ろう、と入った門へ引き返したはいいが、門が開きません!どのボタンを押してもガンとして開きません!ぐるりと柵塀沿いに歩いて他の門も試してみましたが開きません!ったく、そのうち誰か来るだろうと校内に引き返しました。展示してある作品などを眺めたり、人気のない古い学校の不気味な雰囲気を面白がったりして、相変わらず能天気にしていたのですが、突然、あや!もしや今日は休日と休日の間で皆休んでいるんか??? いやいや、こういう学校は生徒はきっと何人かは来ているはずだ、現にさっき出てきた子がいたではないか。天使と悪魔の会話が頭の中でこだまします。

見える限り電気のついている教室は見当たりません。聞こえるのは、怖い場面の序奏曲のビューという風の音とその風でがたがたする窓の音だけ。どうしたもんかと、やることもないので門の所に何度が行くと、書類を持参した子達が何人もいます。閉じ込められた私の状況を聞いても、自分の書類の事で頭が一杯で私の心配は誰もしてくれません。こんなぎりぎりになって慌てて書類を持ってくるような子はほんまアホや,と自分の息子もからげて腹が立ちました。

受付の所に門の鍵を解除するボタンだろうと思われるボタンを発見したので、再び門の所に戻ると一人の女の子が、こちらの学校の方ですか?と可愛らしく聞いてきました。彼女もぎりぎりに書類を持参した子です。
閉じ込められた私の状況を聞くと、私の書類は郵送すればいいけど、マダムの事が心配です。と泣けることを言ってくれました。発見したボタンは作動せず、もう消防署に電話しようかしらと情けなく言うと、そんな必要ありませんよ。1階の右奥に事務所がありますので、そこへ行ってみては?或は地下にコピー室があってそこはいつも誰かしらいるから、そこに行ってみては?あーたよく知ってるのね、もうここの学生なの?いえ、学校見学の日に見に来たんです。
私もう1時間近くこうしているけど校内は全く人の気配がないのよ。ぐるりと2人で柵塀越しに話しながらびくともしない他の門を押したり引いたり。

最後の車用の門の所を見上げた私は、行ける!と決心しました。郵便受けや何かのちょっとしたでっぱりを上手く使えばこの柵を乗り越えられる!雨が降っているので鉄の柵はつるつるです。下では、女の子が思いっきり細い手を伸ばして、私を受け止めようとしています。私が落ちても、助けようとしちゃだダメよ。救急車を呼ぶだけで良いんだからね。さて、タンタンタッタ タンタンタッタとミッション インポシブルの曲を歌い勇気づけ、なんとなんと、ものの見事にサルの様に乗り越えました!!まだ運動神経て物が私にも残っていたようです。

 

 

書類は郵便局から送った方がいいよね、と柵塀のあっちとこっちで話していたのですが、郵便受けを見て見るとかなりの封筒が入っいたので、大丈夫だねと郵便受けに入れて帰りました。彼女の様に聡明で良い子はきっと合格することでしょう。そう願ってやみません。

その後、何事もなかったかのように予定の用事を済ませたのですが、どうもあの蓋もない郵便受けが気になって、やっぱり郵送しようと再び学校の郵便受けに戻ってみたら、もうぎっしり封筒が入っていて取り出すこともできません。

全く、ぎりぎりまでやらない子っていうのは家のタコだけじゃないんだな。

 

 

 

 

 

 

 

パリジャンを見分けるポイント

ゲラゲラ大笑いし、夜まで思い出し笑いをした内容でした。
パリジャンの見分け方。

30歳になっても車の免許を持っていない人が多い。
田舎では車がなければ自由が利かないので18歳ともなれば皆免許を取ります。がパリジャンでも別荘持ちの家の子は友達と親の居ない別荘に羽目を外しに行くので車の免許は必須です。

幼な馴染みといつまでも付き合っている。
幼稚園からの近所の友達、なんていうのもよくあります。

親元にいる期間が長い。
田舎では大学、又は高校から親元を離れざるおえない。

ツーリストに道を聞かれて、知らないとは言えずいい加減な道を教える。
何しろパリ生まれ、パリ育ちなんだからパリの隅々まで知ってなくてはならない。

人を家に招いて、平気でピカールの夕食を出す。
日本にも進出している冷凍食品屋のピカール。

エスカレーターで左に突っ立っている人に舌うちしたり、突き飛ばす。
パリジャンは右に立つか、左を駆け上る。

歩くのがせかせか早く、ヴァカンス中でも意味もなく早歩き。
パリジャン自身も何急いでいるのか分かっていない。

自分の遊ぶ地区が来まっていて、バーのギャルソンをファーストネームで呼んで通がっている。
特に右岸、左岸と別れていて、よく知らない川向うには行きたがらない。

等々マイナス面ばかり、意地悪、傲慢、自分勝手、気まぐれ、と要はパリジャンは盲腸野郎となっています。
唯一の褒めポイントは、車の縦列駐車が異常に上手い。1メートルの駐車スペースに3メートルの車を駐車させる技術は大したもんだと地方の人達は感心します。

そのパリジャンは地方の人達を一羽一からげに牛達と呼んでいます。

 

 

 

 

 

 

ストの被害、あ~迷惑!

3月から6月まで週2回の国鉄のストライキを実施しているおフランス。お客様を地方にご案内するのも、うまい事ストの日を避けてプランニングし、まぁパリ市内にいる限りストの影響無し、とたかをくくっていました。

昨日の19日もストの日でしたが気にもせず朝から出かけ、昼に一旦帰宅して、午後から再び約束の地へ。昼前に帰宅した家の近所の様子がイヤ~な感じ。デモが通るようです。午後出かけた地下鉄の駅ではデモ参加者が大騒ぎをしていて、これまたイヤ~な感じ。約束の人と会って、すっかりそれらイヤ~な感じを忘れました。さて帰りはバスでつーと帰れるな、とバス停へ。パリのバス停はご親切な事に”あと何分で来まっせ”、と表示板があります。その表示板は無言、何も表示されていません。それでも10分位待ってようやっと、もしやデモでバスは通ってないのでは????結構遠い地下鉄の駅まで歩いて行って、地下鉄で帰ることに。乗り換えをしてやれやれ後は家の近くに着くばかりと思いきや、ここから、ここまでの間の駅は地下鉄は運行しませんとのアナウンス。正しく私の降りる駅。この日は29度近くまで気温が上がり、地下鉄の車内はムンムンです。仕事帰りで疲れてる上にこの暑さで既に相当機嫌が悪い乗客は、一斉に”クソ”と大合唱。右岸にいた私は左岸に渡った所で再び右岸に上り、ぐるりと違う路線を回って、家のある左岸にやっと渡り、家に着くまでに1時間半。平常20分で着く距離です。

この日はフランス全土で大規模なデモがあり、パリでは1万5千人のデモ参加者でした。かなり荒れたようで、お店のウインドーやバス停、建物が壊されたり、物を燃やされたりしたようです。警察は催涙ガスを使用したほどです。

この催涙ガスは私も経験があるのですが、と言っても催涙ガスを投げて少し経った時に通りかかっただけなのですが、死ぬかと思うような苦しい物でした。まともに食らったら相当な事になります。

デモの時のウインドーなどの壊し屋はプロの壊し屋で、純粋なデモ参加者ではありません。アホな暴れん坊の様子をテレヴィで見ていて、こういう事をするのは100%男というのは、彼らの性なんですかね。

そこで思い浮かぶのが、神曲の地獄を旅するダンテとウェルギリウスの絵です。

と言うと、はっ?そこ行くか?という反応しか得られないのですが。
柄の悪いデモにはくれぐれも近づかないようお気を付けくださいませ。でも、えーじゃパリには行かないなんて言わないでね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ;