3月29日に亡くなった、アニエス ヴェルダの映画、エイズで亡くなった夫である “ジャック ドゥミの少年期” がテレヴィで放送されました。ジャック ドゥミと言えば、下手なんじゃないの?と思うようなカトリーヌ ドゥヌ―ヴが歌うミュージカル映画、シェルブールの雨傘等の監督として有名です。その古いフランス映画を見ていて思い出したのが、肉まん。

昔々、よく姉と今は無き京橋フイルムセンターにフランス映画を見に行っていました。それこそヌーヴェル ヴァーグのヴェルダ、ゴダール、トリフォーなどの映画です。脳みそも何もかもが幼かった私は、さっぱり分からないと首を振り振り家路につくのがいつもでした。
姉妹が揃って映画に行くとなると、当時肉まん作りに凝っていた母は、当然おやつとしてホカホカ肉まんを持たせます。な訳で、ヌーヴェル ヴァ―グ=肉まんは私にとって切っても切れない関係なのです。

アニエス ヴェルダは時々見かけました。と言うのも、写真の発明家ダゲールの名を取ったパリ14区のダゲール通りに住んでいたヴェルダの家の直ぐそばのキャフェが、やはり同じ通りに住んでいた友達とのいつもの待ち合わせ場所だったからです。
ずっと変わらないざるを被せてカットしたようなヘアースタイルとピンクや赤の独特なファッションで、言われなくとも直ぐ彼女と分かります。
いつぞやジム モリソンがそのダゲール通りを歩いているヴィデオを見て、何故あんな所を歩いていたんだろう?と不思議だったのですが、アニエス ヴェルダとジム モリソンは仲良しだったと言うのを最近聞いて、あれはヴェルダの家に遊びに行くところだったんだ、と何十年も経ってから謎が解けました。

以前パリ9区の昔の娼婦の館を探しながらフラフラしていたら、トリフォーがこの家に生まれる、という看板が付いたアパートを見つけました。

まさか、京橋フイルムセンター時代の私が、その後ヴェルダを見かけたり、トリフォ―の家の前を通ったりすると知ったら。。。。
万感こもごも胸に迫ります。