ある人を中心に顔見知りだけど、全員一同に会ったことがなかったおばちゃん6人を集めて家でご飯を食べる事にしました。

呼んだからには、メニューを考えて、野菜、果物は朝市で買うので買い物のスケジュールを組んだりして、よっしゃ~と思っていたら、前日になって、”そう言えばあたしらヴェジタリアンになったのよ”とのメッセージ。その”あたしら”2人はユダヤ教徒なので、いつも彼女達の食事には気を付けていたのですが、お肉料理を考えていたので、でんぐり返りました。その他のおばちゃん達は宗教は関係ないのですが、流行りのオーガニック愛好家。私だけです何でも食べる雑食動物は。

したらばと、私の宝箱に入っているヒジキやわかめや高野豆腐を出してきて、豆腐を買いに走り、常備してあるレンズ豆やキノアなどでヘルシーディナーに変更。この気取ったヴェジタリアンレストランのメニューを作っていて思ったのが、日本食を作って食べている日本人には何一つ特別な調理はないなぁ。”きゃ~、大変だったでしょ、こういうの作るの”と皆は感動してくれましたが。簡単簡単、屁の河童。粉を付けて焼いた豆腐に、菊芋、サツマイモ、ニンジン、長ネギ、キノコのココナッツミルクのスープなんて目つぶっても作れます。

楽しい食事中、辞書のような物知りおばちゃんが、あーたこのヒジキどこで買った?パリに住んでいるお陰で友達はしょっちゅう来ます。これがミンクス辺りに住んでいたら誰も遊びに来てはくれないと思いますが。なので私の宝箱に入っているヒジキやわかめ、海苔、お茶などはお土産で頂く日本直の物ばかりです。

物知り彼女曰く、ヒジキはフランスでは輸入禁止になっているそうなんです。ヒッ素やヨウ素が多すぎるらしいんです。体に良いだけが取り柄と思っていた、昆布、ヒジキ、わかめ、出汁はヨウ素含有率がトップですって!

そういえば、東京オリンピックに向けて、選手達の食事で心配事が、日本はオーガニックの規定が緩すぎて、あてにならないそうです。農薬の危険性に対する意識が低くいので、日本ではオーガニックがまだまだ広まっていないのは現状の様です。確かにオーガニックの見本市に行っても、日本のブースは数件、そこへいくと中国ブースはすっごい数出ています。世界の動きをがっちり把握しています。

ダイエットできて、体に良いから長生きできて、見た目も美しいと言う世界の評価の日本食。昔話にならないよう切に願ております。