今のところフランスは、徴兵制度の名残で16歳から18歳の男女ともに、ある日突然招集令状が来て、フランス国民としてフランスを守る心構えを学ぶ1日講習会に行く義務があります。
高校卒業試験のバカロレアの試験の時に講習会を受けましたという証明書の提出を求められます。

家の息子は移民の子なので、ずっと日本国籍でした。18歳になってからフランス国籍を取得したから忘れられたのか、その1日講習会の招集令状を受け取らないまま今になっていました。

数カ月前、”招集に応えたという証明書がないと大学卒業証明書を出してくれないって!!!”と真っ青なSMSが息子から送られてきました。
だから?あたしにど-しろっての?とピッとスマートフォンを切ってバッグに放り込んだのですが、ってことは次の学校へは行かれなくなるのか?今行っている学校は私立なので、そんなめんどくさいこと言われなかったけど。。。
と、子を思いやる母の気持ち。
結局翌日私が、朝から雨の中区役所へ問い合わせに行きました。区役所の人達は皆優しい人が多いのにはいつも驚くのですが、今回も優しいおばちゃんが、心配ないわよ、この書類を提出すればバッチリよ。と手際よく整えてくれました。直ぐに息子にメールで送ってあげました。ありがとうございます、母さん!の返事で一件落着。

数日後、”ちゃんと招集令状じゃなきゃダメだって!!!”とまたもや真っ青な息子からのSMS。あーこれは意地悪根性に当たったな。”もう直接軍の管轄に電話して、早う呼んでくれと頼みなさい” メールと電話でほとんどハラスメント的にせがんで、やっと3月21日に招集されます、というメールを受け取ったようです。

ナポレオンの時代は6年間の徴兵でした。時代と共にどんどん短くなって1日講習会までになったのに、マクロン大統領は16歳の男女共、1か月泊まり込みの徴兵制度にしようとしています。
先ずこの6月から試験的に2000~3000人の16歳の男女の有志をフランス13県の中から募るそうです。もちろんその13県にパリを含む県は入っていません。
関係者の頭を痛めているのは、アホな16歳の大集団を一体どうしたもんか?何処に寝かせるんか?一体全体幾らかかるんだ?
若者からは、その”義務”っていうのが気に食わない、とフランス人らしいご意見。
30代の若い友達が1日講習会に行った時は、退屈で最悪な1日に備えて皆マリファナ吸ってた、と言っていました。
もう1人の同世代の若者は、え~心臓マッサージとか人工呼吸のやり方とか教えてもらったし、帰りにボールペンもくれたし構面白かったよ。と相反する見解。
はて、あの子は????