フランスの家庭ではどこもそうだと思うのですが、インターネット、テレヴィ、電話がパッケージになっています。なのでテレヴィをつけるのには、テレヴィ本体のリモコンとネットのボックスのリモコンの2つを必要とします。そのネットのボックスのリモコンがえらい我が儘になって、反応したりしなかったりの状態が続いていました。テレヴィが無くとも平気な私はあまり気にせず、その問題を解決しようとはつゆとも思いませんでした。

朝方帰って来たばかりの息子が目覚まし掛けて土曜日の朝から起きてきました。てっきり学校に行くのかと思っていたら、テレヴィの前で前のめりに構えています。一向に反応しないテレヴィに頭から湯気を立てています。その様子を見て、幼き頃の私の父の事を思い出しました。

父が夜家に帰ってきて、テレヴィが壊れていると、雷ゴロゴロ、雨ザーザ、風ブワンブワン大嵐になります。

特に野球中継があった日にやぁ、オズの魔法使い並の竜巻まで加わります。

なので、夕方私がアホ面さげて見ていたテレヴィがいきなり消えようものなら、真っ青になって母はいつもの電気屋に電話します。我家の事情を良く知っている電気屋も、すわと緊急出動してくれます。父の帰宅前に無事テレヴィが直り、皆やっと呼吸ができるようになって、全員で大きく息を吐いてニッコリ、というのが良くあったんです。何故たかが野球位で????といつも思っていました。

さすが今時の若者、直ぐに自分で対応策が出てきます。スマートフォンからアプリでテレヴィの操作をしてすんなりと大切な大切なオーストラリアオープンを見ることが出来ました。

大阪ナオミが優勝したおかげですっかりご機嫌の息子は、優しく、リモコンの故障のクレームを出しておいた方がいいんじゃないかな、僕は時間がないんだけど。。。。。。暗に、おかんやっといて、と言いました。

あ~、なるほど、クレームね、と思いもしなかったアイディアにその場で電話をしました。

家はフリーというプロバイダーと契約しているのですが、前もここの電話対応のフランスらしからぬ素晴らしさを書いたと思うのですが、今回も素晴らしかった!

名前を言うと、”あら日本人?” ”はい” ”オハヨウゴザイマス、アー イマワ コンニチワ デスネ”

”日本語勉強しているの?” ”スコシ” 漫画ではなく日本のドラマが好き、とマニアな女の子。日本語は発音はとても易しいけど、読み書きは地獄のよう、韓国語は読み書きは簡単ね。などと話しは切りが無いほど続きそう。それでね、私が電話したのはね、とやっと用件を伝えると、ろくに調べもせず”今直ぐ新しいリモコン送ってあげます”といとも簡単に解決。テクニシャンとの会話の後に、アンケートがあるのですが、当然全て大満足。

アッと言うまに届いたリモコンに気が付かづ、相変わらずスマートフォンでテレヴィを操作している息子。

しばらく放っておこう。