今日、デモの日は結局パリの右岸がざわざわしていましたが、左岸はいつもより静かな感じでした。先週の様な暴力的な破壊行為も少なく、テレヴィでは治安部隊、警察の戦略がばっちり上手く行ったと褒め合っていました。そりゃそうでしょう、もう一度先週のような大惨事になってでもしたら、救われないほどの能無し警察です。3度目なんだから被害が少なくなるのが当たり前です。

電車でパリに着いた乗客の荷物検査、車でパリに着いた人の車のトランク検査、シャンゼリゼに行こうと歩いている人の荷物検査と徹底的な予防を張りました。テレヴィで、女の子がもう11回荷持つ検査されたと言っていました。まだ午前中です。

人間だけでなく、警察犬まで出っ張って、悪い奴に早く噛みつきたくてうずうずした様子で待機していました。騎馬警察の馬は催眠ガスなどから守る為皆お揃いのメガネをかけてデモ隊を追い返していました。偉いもんです。

そんな騒ぎも川向うの出来事といった塩梅に夜はモンパルナス界隈のシアターなどは満席、レストランもいつもの土曜日の様に繁盛しています。

デモにパリに来た黄色いヴェストの人達がそんな光景を見たら、益々脳天に来ることでしょう。

来週もデモをやるなどとなれば、警察だってもう一度今日の様にパリだけでも8000人の治安部隊を集合させるなんてできないでしょうし、増してやよりもっと厳戒になんて無理な事でしょう。彼等も相当くたくたです。

さ~さ~、マクロンがどのような手を打ってくるか????