以前もブログに書きましたが、パリでは弁当持参が増えています。経済的にも時間的にもランチを食べに行く余裕がない人が多くなったようです。サンドイッチやリンゴやバナナなんかを歩きながら食べているのはよく見かけますが、最近はフォークや箸を使って食べるような物まで、歩きながら食べている人も増えました。

先日見かけたショック。地下鉄の斜め前に座っていた30歳前後の白人青年。1リットルは入る様なタッパーを抱えて、もそもそ手づかみで食べています。サングラスをしているのを良い事に、顔は真っすぐ、目玉は目いっぱい横にして観察してみますと、手づかみで食べているのは鶏肉のささみそのまんまの大きさを茹でたか、蒸したかした物2つ。後はポロポロしたライスです。このライスをどうやって食べるのかを見たくて横目していたのです。だってどう見てもインド人じゃありませんもの。ところが1つ目の鳥のささみに集中していてなかなかライスを食べません。あ~もう降りる駅が近づいちゃう。一層見届ける迄このまま乗ってよかと本気になった頃、やおら2つ目のささみを手に取り、一口齧っていい塩梅にしたのか、そのささみをスプーンの様に使ってライスをすくって食べるじゃありませんか。ライスと共にささみも食べたりと誠にうまい具合にやっていました。
かなりの量のライス、それも味も素っ気もないような見た目です。だんだんお腹も膨らみ、飽きも来たのか、頭を掻いたり、ため息ついたりしながらも黙々と食べ続ける青年。一人暮らしの学生や貧乏な働く青少年達のランチなんてこんなもんなんだなぁと、家の息子に見せてやりたいと思いました。

超簡単な数秒でできるようなサンドイッチはやっぱり好きではなかったようで、パスタかなんかはあるかな?なんてある日聞かれてから、私の弁当作りも二手間位増えました。まぁ、出来る時だけですけれども。

先日は若い友達が遊びに来てきくれて、そのまま泊まっていきました。翌日仕事に行く日本食が大好きな彼女に、日本のお弁当を作ってあげるなんて何かの勢いで言ってしまったものの、彼女がヴェジェタリアンになったことをすっかり忘れてました。肉無しでどうしたもんか?我が家には誰も使う人がいない可愛い日本の弁当箱に入れて、見掛け倒しで何とか詰め込んだニッポン風弁当を作って思ったのは、日本の弁当は何種類もの物を彩りよろしく入れなくてはいけなくて、毎日なんて作ってられないわ。日本の母さんは偉い!もちろんその日は息子は弁当無し。