よーく見回してみますと、私の周りは一人者が殆どです。一度も結婚していない人もいれば、少なくとも一度は結婚した人とか、死別した人とかと状況は色々ですが、カップルとしての生活を営んでいない人ばかり。良い人がいりゃ考えなくもないけど、今更誰かと一緒に暮らすのも相当の勇気がいるわな、というのが皆の思いです。

面白い記事を読みました。心の支えは誰ですか?のアンケートで、
日本人、アメリカ人、ドイツ人、スエ―デン人の男女で調べた所、男性はアメリカ人以外全て心の支えは妻でした。アメリカ人男性は子供が心の支え。打って変わって女性は4か国揃って、心の支えは子供ときっぱりでました。
子供さえいれば旦那はいらないとよく聞きますが、本心のようですね。反して男性はやはり嫁べったりになるようです。嫁はんに先立たれた旦那は直ぐ後を追うと言いますものね。
それにしても心の支えが子供というのは危険極まりないと思います。親の思い通りにならないのが子供ってもんです。子供は自分の人生をぐんぐん行きますので、そこに親の場所を作ってくれる奇特な子供なんて,まぁいませんがな。私自身がそんな子供なのですから。いまだに私の母はいつ私が日本に戻って来るのか首を伸ばして待っているのです。他に誰も居ない、妻だけを心の拠り所にしている旦那と2人で支え合って生きて行くのが正解の人生だと思うのです。が、これが又超難問。

一人者ばかりなので、誘い合って遊ぶのも手軽にできます。週末プチヴァカンスに行ったり、昼間っから飲んだくれたり、夕方からキャフェのテラスに賑やかに陣取って夕食作るの忘れたりと女の人は自由を楽んでいられます。これじゃ誰かに束縛されるなんてまっぴらごめんだわとなる訳です。

一方、一人身の男性は癌などの病気になる確率が非常に高くなるそうです。

中国では、5人に1人の男性が結婚どころか、ガールフレンドも居ないと言います。これはアメリカが仕掛けた産児制限の結果、圧倒的に女の子の数が少なくなってしまったからです。アメリカって他所の国の事を何でもコントロールするんですよね。日本も韓国もインドもアメリカによって産児制限させられたんですからね。アメリカは発展途上国の人口が増えると共産主義になると危惧しているそうです。ほっとけ。
女性の数が少なければ、貧乏人にとって大金が必要な結婚なんて夢の又夢、破れかぶれになって少女誘拐が多発しているそうです。

パリジェンヌ(女)の半分は独身です。独身といっても結婚していないというだけで、1人でおとなしくしているパリジェンヌ(女)なんているわけがなく、アヴァンチュールを楽しんでいるはずです。パリジャン(男)だって半分近くは独身なんですから、いくらでもその辺歩けば良い人にぶち当たりそうですが、そうは行かないのが人生ってもんです。

なんでもカップル単位だったフランスも、最近は夜のレストランなどでもレズでなく女性同士やホモでなく男性同士で楽しそうにテーブルを囲んでいる風景が多く目に付くと感じます。映画やコンサート、展覧会など私は一人で行くのが好きなのですが、そんなお一人様は結構います。

 

 

 

私の憧れは船乗り。1年に2か月位しか陸に上がってこないような。そしたらうんと優しい良い嫁になれるのにな。早く帰ってきてね、なんて本気で言えるような。誰かいないかなぁ。