あ~良い天気、なんて浮かれてなんていられません。だって天気が良い=大気汚染発生という図式が出来上がるからです。パリはピークの時は北京に負けない大気汚染数値になります。
世界で年間7百万人が大気汚染の所為で死亡しているという恐ろしい数字が出ています。これは、エイズや車の事故よりぐんと高い死亡原因の数字です。
そして、世界の10人に9人が汚染された空気を吸っているという、これまた恐ろしい昨今です。
 

 

大気汚染に弱いのは、子供や年寄り。私はもう子供ではないので、この年寄りカテゴリーとして、大気汚染被害者です。咳が始まれば100日は咳をし続けるという苦悩の日々が続きます。胸の辺りに疲れを感じる時など、肺癌、又は喉頭癌なんてのもあり得るかしらと想像しているのですが、大気汚染が引き起こす悪い事は、脳溢血、狭心症、早産、男性の生殖能力低下等、なんだか関係ないようなところまで及んでいます。特に男性の生殖能力低下っていうのは、え~?と思ったのですが、大気汚染の代表国インドはもうじき中国を追い抜く勢いで人口が増加していますが、不妊問題も増える一方だという記事を読みました。
大気汚染ランキングは、世界容認基準の5倍の汚染率をキープしている中国、インドが断然だろうと思い込んでいましたら、アフガニスタンが圧倒的な1等賞でした。
へ~と思う事ばかり。

今年も専門医に予約をしたのですが、取れた予約日は2か月後。いつ咳が始まるかハラハラです。雨の日だけ外出して、文字通り息をひそんで隅の方に引っ込んでいます、としたいところですが到底そうはいかず、ばっちい空気に身をさらしています。
フランスは農業国なので田舎に行っても空気は農業によって汚染されていて、地方都市は工場により汚染されていて、とどこに行ってもろくな空気ではないようです。
パリにも酸素バーがあるので通おうかしら。純粋な酸素をガンガン吸えば汚れたフィルターを洗うように私の肺もすっきり綺麗になるのかしら。