3月から6月まで週2回の国鉄のストライキを実施しているおフランス。お客様を地方にご案内するのも、うまい事ストの日を避けてプランニングし、まぁパリ市内にいる限りストの影響無し、とたかをくくっていました。

昨日の19日もストの日でしたが気にもせず朝から出かけ、昼に一旦帰宅して、午後から再び約束の地へ。昼前に帰宅した家の近所の様子がイヤ~な感じ。デモが通るようです。午後出かけた地下鉄の駅ではデモ参加者が大騒ぎをしていて、これまたイヤ~な感じ。約束の人と会って、すっかりそれらイヤ~な感じを忘れました。さて帰りはバスでつーと帰れるな、とバス停へ。パリのバス停はご親切な事に”あと何分で来まっせ”、と表示板があります。その表示板は無言、何も表示されていません。それでも10分位待ってようやっと、もしやデモでバスは通ってないのでは????結構遠い地下鉄の駅まで歩いて行って、地下鉄で帰ることに。乗り換えをしてやれやれ後は家の近くに着くばかりと思いきや、ここから、ここまでの間の駅は地下鉄は運行しませんとのアナウンス。正しく私の降りる駅。この日は29度近くまで気温が上がり、地下鉄の車内はムンムンです。仕事帰りで疲れてる上にこの暑さで既に相当機嫌が悪い乗客は、一斉に”クソ”と大合唱。右岸にいた私は左岸に渡った所で再び右岸に上り、ぐるりと違う路線を回って、家のある左岸にやっと渡り、家に着くまでに1時間半。平常20分で着く距離です。

この日はフランス全土で大規模なデモがあり、パリでは1万5千人のデモ参加者でした。かなり荒れたようで、お店のウインドーやバス停、建物が壊されたり、物を燃やされたりしたようです。警察は催涙ガスを使用したほどです。

この催涙ガスは私も経験があるのですが、と言っても催涙ガスを投げて少し経った時に通りかかっただけなのですが、死ぬかと思うような苦しい物でした。まともに食らったら相当な事になります。

デモの時のウインドーなどの壊し屋はプロの壊し屋で、純粋なデモ参加者ではありません。アホな暴れん坊の様子をテレヴィで見ていて、こういう事をするのは100%男というのは、彼らの性なんですかね。

そこで思い浮かぶのが、神曲の地獄を旅するダンテとウェルギリウスの絵です。

と言うと、はっ?そこ行くか?という反応しか得られないのですが。
柄の悪いデモにはくれぐれも近づかないようお気を付けくださいませ。でも、えーじゃパリには行かないなんて言わないでね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ;