面白いですね、世界的に1月の第3月曜日が一番憂鬱になる日なんですって。なぜならば、
”クリスマスから年始にかけてのどんちゃん騒ぎもあ~あ終わっちゃった” ”日は短いくせに、毎日天気が悪くって、何週間太陽見てないだろう” ”郵便受けにはプレゼントだ、パーティーだで気前よく切ったカードの請求書がごっそり入っているし” ”あ~あ、次のヴァカンスまでまだまだだな” とぐったりへこむのです。

確かに、パリの天気はあまりにも酷すぎます。クリスマス前にいらしたお客様が、最近再びパリに来られて、”ありゃ、まだ雨降ってるの?” ”ええ あれからずっと降っています” とびっくりさせました。セーヌ川もあっぷあっぷしています。

ブルーな気持ちの対策としましては、昼間外へ出る、甘い物を控える、人と積極的に会う、ボランティアをする、休む。などがあります。
人と会う、というのとボランティアをするというのは良いと思います。かなり人交じりが悪い私なんですが、やはり人と話すと脳みそがほぐれる気がします。ボランティアをして人の役に立った、喜んでもらえた、という実感はかなりハッピーな気持ちにしてくれます。

2018年の1月の第3月曜日は1月15日。はて私のご機嫌はどうだったか?へこむ余裕もなく、掃除、洗濯、雪崩になりそうな洗濯物のアイロンかけなどで午前中はすいすい流れて行きました。午後は最近の楽しみ”針”へ行ってきました。

年季が入っている私の体も相当なポンコツぶりで、メンテナンスが大変なんです。針とはどのような代物か?先ずは痛いのか?などを調べて、よっしゃと決心して予約の電話を入れたは良いが、1か月後だとぬかされました。すっかり気が抜けて、取りあえずその日お願いしますと予約をしました。

 

気持ちを持ち直し予約日に行ってみると、意外な感じでネズミのお母さんのような優しい感じのヴェトナムかカンボジア辺りのマダムでした。あの辺りの人の名前は男なんだか女なんだか分からないし、ましてや3つぐらいに分かれていて、どれが苗字でとれがファーストネームなんだかちっともわかりゃしないんですもの。まぁ日本人の名前も他所様から見ればしかりですが。

先ずは一番緊急の膝から始めました。一発目から体がビクンと跳ねた痛さ。針は痛くは無いと聞いていた私はえらいショックでした。もしかしてとんでもないヤブかしら? どっか触っちゃいけない大事な部分に刺したんじゃないかしら? あ~これで私は下半身不随になるんだわぁ。など頭の中でぐるぐるさせている間に、両膝刺し終わったようです。20分位ね、と言って部屋を薄ら暗くしてネズミの母さんは出て行きました。
部屋がパッと明るくなって、我に帰って膝を見て見れば、強烈に痛かった1本目の針の所が青く腫れています。針を抜くと血がぴゅいーと出るではありませんか。
「血でた!」「青くなってる!」とお母さんに甘える事く訴える私。「本当ね、大丈夫よ」と優しいネズミ母さん。

それからが驚き物です。その強烈一発の針を食らった側の膝が全く痛くなくなったんです!次の予約日にそう報告すると、運動会で1等賞を取ったわが子の事の様に喜んでくれました。月に1度位の割合でしか予約が取れないのがいかにも残念ですが、一生通いたいと願っております。体のどこかが痛いと憂鬱の頂点になりますから、これで私はブルーとはおさらばじゃい。