パリはくるりとでんでん虫のように回って20個の区に分かれています。それぞれの区に大層個性があり楽しいです。まだパリが12区までしかなかった時代、結婚しないで、今で言うパックス関係で一緒に住んでいるカップルの事を、”13区の区役所で結婚した2人。”という言い方をしたそうです。そのイメージが貧乏くさくて、今の気取り屋16区が13区と命名されそうになった時、”13区なんて絶対嫌だ!”と大反対したそうです。今の13区は大チャイナタウンがあり、又ヨーロッパで一番大きなフランソワ ミッテラン国立図書館があり、その周りはパリらしからぬ面構えにずんずんと開発されてきています。

パリジャンの常識で危険地区と認識されている地区18,19、20区辺りは実はそうでもないという数字が出ました。盗難にあったり、襲われたりする確立が多いのが1区だそうです。1区と言えばパレ ロワイヤルやコンコルド広場、サントノレ通りなどがある地区です。次は2区、オペラ座界隈です。次は8区、マドレーヌ、シャンゼリゼ通りがある地区です。貧乏地区で泥棒に入ってもしょうもないですから、よく考えれば頷けます。
より安全、お勧め地区は7、14、15区という結果が出ました。

今パリで一番高い通りは16区のセーヌ川沿いのアヴェニュー ドゥ ニューヨーク。1m2辺り22000€=約300万円!!!!パリの平均が1m2辺り8800~10000€ときたもんだ。恐ろしい事です。

暇人がパリは幾らで買えるかを計算しました。7千7億ユーロ也!世界のリッチトップ15人がお金を出し合えば買えるそうです。その7千億ユーロの内なんと半分近い値段を占めているのがパリの貴婦人エッフェル塔。彼女のお値段は4千3百4億ユーロと付けられました。

なんだか馴染まないゼロの数なのでもしかして私は何か間違えているのではと不安がよぎっていますが。。。。。