クリスマスイヴもクリスマスも大晦日も元旦も久しぶりに全部家で過ごせるのを喜ぶべきか、危惧すべきか4kgの牡蠣を開き開き思案していました。2015年のテロ以来観光客、特にアメリカ人、日本人がぐっと減ってサーヴィス業は真っ青になったのですが、2017年には見事復活、観光大臣は鳩の様に胸を張って報告していました。今年は8900万人の観光客数という記録を出しました。2024年のパリオリンピックには1億人の観光客数を目指します。ええ決っして難しいい数字ではありませんとも。訪日外国人数が年間2700万人ぽっちというニッポンからしてみたら、お口あんぐりの数字です。
先日は韓国にストラスブルグのクリスマスマーケットが出張して、こんなに素敵なんだから本場に是非来てくださいというプロモーションをしたりで、以前のように、来たければ来たら、的態度を一変してフランス観光局は積極的に動き回っています。
なので、パリの街で見かけるアジア人観光客は中国人と韓国人ばかり、日本人はどこ~?ここ10年この方ベスト観光客だった日本人がすっかり姿を消し、ホテルもレストランもブティックも人気ナンバー1の日本人観光客を恋しがっています。

2017年の、パリ観光地集客数ランキング
5番 国立自然史博物館 約370万人、パリ5区にある植物公園内にある博物館。私もここは好き。お子様にも喜ばれます。

4番 エッフェル塔 約700万人、予約を取るのが難しいし、25€とバカ高いしで、外から見るだけで良しとする人が多いのでしょう。

3番 ルーヴル美術館 約900万人、話の種にパリに行ったからにゃ取りあえず。

2番 サクレクール寺院 約1千100万人、モンマルトルに登れば必ず寄りますでしょう。

1番 ノートルダム寺院 約1千400万人、いつも人が並んでいるが案外スムーズに見学できる。

パリ郊外を含めると、ヴェルサイユ宮殿はエッフェル塔と国立自然博物館の間に入ります。約650万人。
こう見るとやはり物価の高いパリで一々入場料など払っていられないので無料の教会が上位を飾るのが分かります。
観光客数が増えても、レストランの収益はさほど上がっていないという現象も観光客の節約ぶりが伺われます。
 

2018年、どうかより多くの日本人の皆さんがフランスにいらしてくださいますように!とパリのサーヴィス業が一団となって強く強く願っております。