この夏はベルリンへ行こーっと、と言うと僕も行く!と私のヴァカンスに便乗する気の息子にギョッとしながらも、飛行機のチケットとアパートを予約。最初息子にアパートのAirbnbの予約を任せた所ことごとく断られました。んな訳ないでしょ、ちゃんとその時期空いてるって出てるじゃないの。という会話を何度か繰り返していて,はたと思いました。何しでかすか分からん若造には貸したくないということだわ。そこで中年のおばちゃんというタイトルの私がでっぱり、無事借りられました。
シックとか優美とかいう言葉が皆無のベルリンとは、ヒッピー、パンク、エレクトロ、ロックで成り立っているようなドイツの首都に似つかわしくないような街です。
パリも皆自由に好き勝手な恰好をしていると思っていたのですが、ベルリンに比べたらパリにはドレスコードがあるという事が分かりました。
影のような地~味~な女の子も、すっごいタトゥーを入れていたり。どこのパンク野郎かと思うような人が”はい切符拝見”なんて車内で回っていて、誰この人?と切符を出さなかったら、バッジを見せて検札する自己証明をしました。

耐えられないのは、ドイツではどこでもそうなのですが、信号の指示に従わなければならない事。車が通っていないのにアルぺルマンが赤ならばじっと待たなければいけないのが思いのほかすっごいストレスになります。道を渡る時見るのは信号ではなく車の有無に馴染んでいるフランスでの習慣が、ドイツで道を渡る時にイラッとさせます。もう足がムズムズして仕方ありません。

 

 

 

昼間は、何の時間的束縛が無いので、一番美味しいケバブとか一番美味しソーセージとか一番美味しいハンバーガーなどを求めてフラフラし、パリでは絶対にしない、評判のお店に並んだりと無駄な時間使いを楽しんでいました。キャフェによく置いてあるビーチにあるような気持ちいい椅子に座り込んで変な人達を眺めてだらりと過ごすのも贅沢な時間です。

 

 

 

 

唯一キリリとしたのは、事前に予約を入れたドイツ連邦議会見学。あのくるくる回るテラスと”ドイツ国会議員の記録”のボルタンスキーの作品が見たかったのです。
 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜はアパートでお風呂に入って、ドイツワインを飲みながらベルリン関係の映画の見直しをしようとウハウハしていると、息子はしばらくバスルームに籠っていたかと思うと、では行ってきます、と出かけて行きます。ベルリンに初めて来た子が何処へ行く?どの道筋の友達だか不明の友達が沢山いる今の子供達の例に漏れず彼もベルリンにも友達がいたり、パリの友達がたまたまベルリンに来ていたりと忙しくベルリンナイトを過ごしていたようです。

たった1時間半ほどのフライトの距離でも外国は外国。考え方、発想の違いの発見が楽しいものです。しなければいけない事が無いという尊い時間を過ごせるヴァカンスももう終わり、ハイハイ帰って仕事します。