今日の日曜日、フランソワ オランドとエマニュエル マクロンの大統領の引継ぎが行われました。なんだか随分と予定より時間がかかったようです。
5月8日の戦勝記念日のセレモニーも2人して参加したのですが、心配性のお父さんが息子に礼儀作法を教えているような図でした。凱旋門の下の無名戦士の記念碑に献花する時も、”ほれ、ここをちゃんと持って、はい、ゆっくり下ろして。”と小うるさく教える父と1歩遅れながら素直に従う良い息子。
 

 

マクロンの選挙活動中のドキュメンタリーをテレヴィで見て思ったのは、若い若いと言っても大統領としてであってもう約40歳です。普通の40歳はお父さんで、家のローンも抱えていたりで、もっとどっしり大人です。マクロンは頭脳は成熟しているけれど、心はまだ青年、学生みたいです。
どこかに訪問に行った時、卵をおでこにぶつけられ、警備の人が青くなって抱きかかえるようにしてその場を離れたのですが、”大丈夫、大丈夫、何でもないよ、こんなことは政治家には付きものさ”とケロッとしていました。”え、もうネットに流れてるの”と嬉しそうに携帯を覗き、スタッフ達と何度も見てゲラゲラ大笑いをしていました。そこに、ブリジットさん登場、”スーツは汚れなかったの?”と正しく母親的な反応。
テレヴィ討論会が終わり、スタッフ一同が待つ楽屋に帰ってきたマクロン、”あ~ココアかなんか飲みたいな” ブリジット”そんなもん飲んじゃダメでしょう”とぴしゃり。”じゃあお水頂戴”と素直なマクロン。
テレヴィで政策を発表して、楽屋に帰ってきて、”ねね、どうだった上手くやったよね、どうだった?”と皆に聞きまくるマクロン。ブリジットにも”どう思った?”ともちろん聞きます。”後でね”とブリジット。
スタッフ皆と移動中に寄ったセルフのレストランで、”あ~僕コルドン ブルー大好き!” ”これは子供メニューです”と配膳係の怖いおばちゃん。”じゃサーモンをお願いします”と素直なマクロン。
選挙活動中のスタッフも皆若く、ブリジットの子供達もスタッフに加わっています。なんだか、起業した賢い学生達の集団のようです。

マクロンの両親は離婚しています。両親ともお医者なので、お母さんも忙しくてずっと留守がちな家庭環境で育ったマクロンは人一倍お母さんの暖かい懐を恋しがっていたので、同級生のお母さんであり先生でもあったブリジットに、この人!となったんだわ。ブリジットとしても、教師という職業を選んだのだから、人を教育する、育てるということが得意の人なのでしょう。双方相容れたという訳です。そして、ずっとお母さんといるから、いつまでも心は青年というか息子のままで、安心して機嫌よくいられるんだわ、と勝手に分析してみました。

フランス人の母と息子の関係は結構変です。結婚していても、毎日お母さんと電話で話すフランス人男性はかなりいます。お母さんもまるで年上の恋人みたいな振る舞いをすることがあります。オー不気味!

正式にフランス大統領になってニッコニコのマクロンの顔を見ていて、任期が終わる5年後には、白髪になって、おでこも相当後退するだろうなと、次期大統領選挙の彼を想像してみました。そしてブリジットは????