前回のブログでも書きましたが、大統領選の日曜日、23時過ぎてもヘリコプターがブンブンしていたし、なんだか騒がしい感じだったのですが、なるほど最終決戦に残ったエマニュエル マクロンが、もうフランス大統領になったも同然にうちの近所のレストランでお祝いをしていたからだったのでした。

マクロン自身よりアメリカでは嫁のブリジットさんが注目を浴びているようです。
私から見たら、猿の惑星では、”美魔女”で通るだろうなという感じなのですが。。。。。。
1953年生まれ、地元で有名なチョコレート屋さんの娘で、マクロンの高校のフランス語の先生でした。秀才、早熟の16歳のマクロンは25歳年上のブリジット先生にすっかり恋してしまい、心配したマクロンの親がパリへ転校させたぐらいです。
一直線のマクロンの熱い心に降参したブリジットさんは、2007年旦那と3人の子供を置いてマクロンの元へ。

”飛び抜けて優秀な子”と聞くと、思い出すのはうちのタコ息子の中学、高校の時の友達JF。中学生の時既に、話していても父兄と話しているようなしっかり加減でした。容貌もおっさん臭い、ジャンパーが似合うような、落ち着き払った子でした。音楽の先生は中学から高校の7年間全て満点だったのはJFが初めてとユダヤの目玉をよりギョロギョロさせて話していました。

もうその時点ですっかり人間が出来上がっているような子です。そんな子が16歳ともなれば、いっぱしの男として女を見、女も彼を男と見なすという事はあり得るだろうなと思います。

学校としては、もちろん飛び級を提案するのですが、ご両親共々、まぁそんな慌てなくても、ゆっくり行きましょうや。という心持ちでした。
飛び級の相談で学校に呼び出されるJFのご両親と、落第を驚かされて呼び出される私はそのようにして顔を合わせるわけです。

マクロンもJFのような男の子だったのだろうなと想像します。

このようなスキャンダルもマイナスにならないフランスは、さすが”エロイーズとアラベール”の国だわと思います。役割は逆で、スター教授だった中年のアラベールとその弟子エローズちゃんの禁断の恋。アラベールおっさんはなんだか優柔不断で自分が一番のような人、可愛そうなエロイーズちゃんは結局修道院入りというどろどろ恋物語です。

ほれ行け、エマニュエル!と嫁にパシパシお尻を叩かれてここまで来たエマニュエル マクロン。これで大統領になりゃ、家族を捨てて来た甲斐があるってもんです。