フランス大統領選の夜、今23時頃なのですが上空ではヘリコプターがまだブンブン飛んでいます。予想通りエマニュエル マクロン対マリーヌ ル ペンの最終対決に決まったようです。

投票率80%という日本から見たら驚異的な数字かと思います。投票場ではヴェルサイユ宮殿ほどではありませんが、投票者が行列をなしていました。

 

 

,

 

若者に、政治に興味を持ってもらい投票するよう、という働きかけの一環で、投票したスタンプを押された投票カードを持っていけば、飲み物1杯無料のバーとかケバブ無料のテイクアウトのお店などが参加してキャンペーンをしました。いそいそ行って見れば、先着30名とかの制限があったようですが、食べる気満々で行ったからには、チッと思いながらも、皆,通常料金を払ってケバブを食べるようで、賢い商売をしたようです。
風吹けば、桶屋が儲かる的ビジネスが益々広がっていて感心するばかり。
 

 

思うに、中間世論調査, 中間予想など一切発表しないで、立候補者の見解や、討論会だけを公表するだけにすれば、投票者は惑わされずもっと真剣に誰に投票するか考慮するのではないでしょうか。
今日夕方17時頃に乗ったタクシーの運転手は、「おいらまだ投票してないからこの後直ぐに行かなきゃ」と言いながらも、「誰にするか決まってるの?」と聞いてみりゃ、「未だ」という返事。こんな人は少なくないと思います。

選挙運動中の世論調査と立候補者同士の悪口大会がどうも気に食わん。
 

 

誠にフランスらしいと思ったのは、日曜日の投票の為に必要な、立候補者達の公約や投票時に必要な名前カードが”緊急”というスタンプが押されて木曜日の夜に配達されました。私がオーガナイザーだったら腸ねん転や胃潰瘍になっていることでしょう。