パリジャンが動物園へ行こうと思ったら先ずはヴァンセンヌの森の動物園。6年間工事の為閉鎖していて、2014年に再オープンしました。気になりながらも、行けずに2年。やっと先日行ってきました。

なんだか何処もつるつる綺麗で動物園らしくなく、そっけない感じ。物足りなくて、日を改めて植物公園の中の動物園にも行ってきました。

動物園で一番好きなのはあの動物達の匂い。きっと私は前世は動物園に寄生していた雀かなんかだったんだと思います。
ヴァンセンヌの森の動物園は1934年のオープン。ここ植物公園の動物園は1794年オープンの世界最古の動物園の1つです。


この動物園の素敵な所は、動物達の小屋がレトロですっごくかわいらしいのです。私も此処に住みたいと羨ましい限り。

そして古いだけあって、色々な逸話があります。
フランスで始めてのキリンが来たのもこの動物園です。このキリンはシャルル10世がエジプトから貰ったプレゼントです。エジプトからマルセイユに船で到着したキリンは、なんと780KMの道のりを歩いてパリまで来ました。道々そりゃ皆を仰天させた、大スペクタクルだったことでしょう。
未だ1歳のキリンちゃんに、動物園の園長さんや憲兵の付き添いに混じって牛も3頭同行しました。キリンちゃんにミルクを提供する為です。要は乳母。
ゆったり、ゆったり7ヶ月ぐらいかけてマルセイユ、パリ間を歩いたキリンちゃんは18歳で天昇するまで、ずっとパリの植物公園内の動物園で過ごしました。

セーヌ河の横、オステルリッツ駅の前、車がブンブン通るパリ中ですが、17世紀、ルイ13世の薬草園が始まりという歴史深いこの植物園もそして園内の博物館も動物園もオアシスのようです。深呼吸をしにいらしてください。