気温が上がったり下がったりが激しく、玄関のコート掛けがダウンや薄手のコートやジャケットやらで満杯状態です。外を歩けば、咳、くしゃみのシャワーを浴びさせられます。イヤだわ皆風邪引いて、と思っていたのですが、風邪っぴきだけでなく、花粉症の人もかなり居るようです。と言う事は、まだ冬なんだか、春になったんだか分からないパリなのですが春は間違いなく始まったということです。
成人フランス人の30%が花粉アレルギーに罹っているんですと。この数字は年々増加し、20年前の2倍だそうです。もちろん大気汚染が大きな悪者です。
ほんで、外での活動を控える。早朝と夜遅くに家の空気の入れ替えをする。外出時は帽子とサングラスを忘れずに。と忠告しています。
フランス人はどーしてもマスクはつけたがらないようです。マスクすれば、インフルエンザだって防止できるし、花粉だって恐くないだろうに。
やはり、あげにみっともない事はしたくないという気取りやさん気質から来るのでしょうか。
パリの街中でマスクして歩いている勇気ある日本人を見かけると、見慣れていないので、私でさえもギョッとするのは確かですが。それから、グエーとくるのは、花粉症でグチョグチョの鼻をすすること。
こればっかりは絶対してはなりません。フランスでは、鼻をすするのは人前でプーをするのと同じぐらいこっ恥ずかしい、下品な事です。

フランスでは花粉症などのアレルギーになったら、原因を突き詰めて、そのエキスを少しづつ体内に入れて、これは異物ではないのよ、大丈夫よと体を騙し、慣らさせる方法を取ります。
しかし、この方法はある程度若くなくては効かないそうです。年を重ね経験豊かになれば、体だってそんな事に騙されやしませんからね。

フランス全土の中でもパリとその周辺は花粉症危険地帯です。原因は樺、杉、樫、プラタナスだそうです。

avinigon 071プラタナスと言えば、南フランスのプラタナスは見る度にパリのそれとあまりに違ってびっくりします。
色白でずんぐりしててアーミールック模様の南のプラタナスちゃん。虫に食われて中が空っぽの子が多いのです。この子達も難儀な人生送っているのね。

 

 

 

花粉症でない日本人は知らないと言い切れる位、日本人の花粉症率は高いと思います。

どうか皆様お大事に!