お客さんがレストランでお料理を選ぶ決め手は、隣の人のお皿だったり、料理の名前だったり、照明、音楽、はたまたテーブルの位置だったりするそうです。私は食材が一番だな。そして面白いのが。。。
オサレなレストランのサーヴィス係って皆、見栄えが良くてスマートな人が多いと思うのですが、これは営業的にはいかんことらしいです。ぼっちゃリ型のサーヴィス係と痩せ型のサーヴィス係では、お客さんの注文に違いがでるという研究発表がありました。もちろん私がなってみたいと憧れるアメリカのど田舎の研究チームの発表です。例えば、ぽっちゃりサーヴィス係は痩せサーヴィス係の4倍ものデザート注文を受けるそうです。アルコールに関しては17%多く注文を受けるそうです。

12月は暴飲暴食が続き体は重くなり、プレゼントなどで散財したのでお財布は軽くなったので、1月はおとなしく家でスープでもすすって過ごそうと思う人は多いと思います。これは良くないらしいですよ。一人で家に引っ込んでいるより、外に出て友達とおしゃべりしている方が断然体にいいそうです。いくらスポーツしたり、バランスのいい食事をして気を使っていても孤独な人より、友達達と笑い呆けている人の方がよっぽど健康体なんですって。これもアメリカ研究チームのご意見です。
孤独な若い子は、スポーツで体を鍛えていても炎症を起こしやすいそうです。友達とふらふら遊び歩いている子は太りにくいそうです。
孤独な年寄りは糖尿、高血圧になりやすいそうです。
だから、皆外にご飯食べに行ったり、飲みに行きましょうという、1月は暇な飲食業の陰謀説ではないかと思うような話ですが。

それを真に受けるとすると、糸というより頭が切れたタコのようにフラフラ遊び廻っている息子の生活も一概に悪い事ばかりではないのでしょうか。
今日も学校から帰ってきてポロポロピアノを叩いていたかと思うと、デオドラントを消火器の如く吹き付けて出て行いきました。

その残り香を嗅ぎながら思い出したのが、エゲレスの16歳の男の子がデオドラントを吹っかけすぎて死んだとう記事。彼はお風呂に入らないので、デオドラントを一度にスプレー缶の半分を吹っかけていたそうです。そのガスを吸い込みすぎて、この度亡くなったそうです。彼の部屋には42缶もの空のデオドラントのスプレーが転がっていたそうです。あ~クワバラクワバラ。

galerie d'anatomie mosque 106特に1月は体が重く感じる月だからなのか、やたらジョギングしている人が多いです。その様子を横目で見ながら、なんて皆無様な走り方をしているんだろう。”もう止めれ”と肩を叩きたくなるような人ばかり。”私は絶対ジョギングなんてやらないぞ!”と新年の誓いを立てました。友達達と痩せ型サーヴィス係のいるレストランへ行けばいいんだから。