フランス人はドイツ人や北欧人に比べて小柄ですが、地下鉄やバスの座席がかなり小さめに出来ています。大きなアフリカンママは2席占領して収まる感じです。
pere la chaise 012ご存知のように、4席向い合わせの席などはかなり密着度が高いです。前に男性が座ろうものならヒーターが点いたんかと思う程の暑さを感じることがままあります。
欧米人と結婚されている方はもっと切実に実感されると思います。あの人達の体温は我々よりかなり高い!
彼らの平均体温は37度5分。日本人なら『お熱が出た』となります。体温が36度もないヘビ体質の私にはやけどしそうです。
コレは血液中の赤血球の数の違いだそうです。我々日本人より欧米人の方が赤血球の数が多く、よって血液が濃いらしいです。血の滴るレアーのステーキが頭に浮かびます。さしずめ我々は鳥のささ身か。

皆が感じる、欧米人の体臭の強さ。日本人は汗腺自体が少ないそうですが、その中でも臭いの元のアポクリン線が少なく、欧米人の4分の1しかないそうです。コレは遺伝子の問題で、食べ物や環境による事ではないそうです。ならばなぜ家の息子は獣の匂いがするのか?

よくお客様が、あんなばさばさしたバゲットのサンドイッチなんか良く飲み物なしで食べられるわね、とおっしゃいます。これは唾液の分量が欧米人は日本人の3倍あるからです。確かに、ご飯はしっとりしているし、お味噌汁はマストですし、おそばなど汁物が多いし、やわらかい食べ物が多く、唾液と混ぜながらガシガシ噛み砕いて食べるものはないですね。
主食としている食品栄養構成により唾液の分泌量に差が出るそうです。
欧米人の恋人がいる方はそうそうと膝を打つことかと思いますが。。。

日本人のトイレ通いの頻繁さにはいつも慄きますが、日本人から見た欧米人のトイレへ行かなさはもっと驚異なことでしょう。
これにも理由があるのです。
皮膚のキメが粗い為、皮膚の保湿能力が乏しく、体内の水分が乾燥した大気中に奪われてしまう為、尿意をもよおさないということです。
確かに、若く美しいマヌカン達も、肌はがさがさです。日本人や韓国人の女性の肌になんかの拍子に触れてしまった時など、ヒョエーとするほど滑らかな肌に女の私でさえドキッとします。アジアの女性が欧米で受ける理由の1つに肌の美しさがあります。

同じ人間だから皆同じと言うことはないんですね、やっぱり。