最近は若いパリジェンヌも結構持っているルイ ヴィトンのバッグ。その歴史を知れば、世界の一流品になったことに納得します。
2015年の9月から11月1日までという短い期間のそれまた土、日のみに、パリ郊外のアニエール シュル セーヌという街にあるヴィトンの本拠地が予約制で一般公開されています。

vuitton 001やっとこさ予約が取れたので、友達が出演するコンサートもすっぽかして行ってきました。
パリ郊外と言っても地下鉄で行かれます。13号線のガブリエル ぺリの駅を出て、パリ郊外独特の街並の中を歩く事10分弱。

 

 

 

 

vuitton 023創立者のルイ ヴィトンさんは、山の中の建具やの息子。利発なルイ君は16歳の時400KMの道のりを歩いてパリまで行きました。

直ぐに旅行カバンやの丁稚奉公に入ります。父親譲りの手先の器用さを発揮して、1854年に独立。歩いてパリに到着して17年後です。
リサーチ力、マーケッティング力、想像力に長けていたルイさんは、それまで端が丸くなって、盛り上がっていた旅行ケースを平らでかっちり長方形にし、積み上げやすく、中身も詰めやすくしました。

 

 

これが大受け!商売繁盛ウハウハになり、もっと広く、しかもパリから遠くなく、トランスポートにも便利な所と探して見つけたのが、ここアニエールの土地です。近くを流れるセーヌ川のお蔭で出荷も楽々。

vuitton 0201859年にここアニエールにヴィトン家の住まいと工場ができました。今でも特別注文の商品はここのアトリエで製造しています。後はギャラリーと自宅をこうやって見学できる訳です。

 

 

 

 

ルイさんの息子、その又息子も賢く後を引き継ぎガンガンブランドを大きくしていきました。今でも大グループLVMHの陰にヴィトン家の人間が存在しています。

vuitton 006ギャラリーに展示してある旅行ケースは色々な形をしています。車に積む場所に合わせて造られた物です。どれも車の屋根や後ろや横など車外に付けられていた物です。100年以上経った今でもびくともしない頑丈さとエレガントさを持つルイ ヴィトン。
なるほどね~ぇ。

 

 

 

残るは、10月24,25,31,11月1日のみです。興味のある方ネットからの予約ですのでトライしてみてください。お手伝いが必要な方はキフキフパリまで。