私には大変妹孝行の年の離れた姉がいます。私が生まれるや否や何処にでも連れて歩いてそりゃ~可愛がってあげたんだから、という彼女の昔話と、よく公園やお友達の家にあーたの事忘れてきたのよ、という母の証言とは随分ニュアンスが違うのですが。
その彼女の毎年のパリ滞在は我が家の夏の風物詩となっています。1ヶ月のパリ滞在中、旦那と合流していつも近所の国へ遊びに行きます。今年の夏は暇だな、とぼやいていた私を、んなら一緒に旅行しようよ、と誘ってくれたねーさんは相変らず妹孝行です。

旅行の計画をテキパキ、ガンガン立てて、飛行機の予約やホテルの予約などをメールでブンブン日本から送ってきました。それらのメールを、良きにせよ!と1つも見ずに、妹は何処に行くかも分かっていない状態のまま、姉はパリに到着。

パリ大好き、フランス語もOKの彼女はパリに着くと、止まったら窒息死するマグロのような活動ぶりです。そんな訳で瞬く間に時間が飛び、彼女の旦那がパリに到着し、いざ旅行へ出発!行き先はスロヴェニアでした。

フランスの上空からの眺めは畑、畑、畑。随分と食いしん坊な国だなと分かります。それがたった1時間ちょっとで外を見れば山、山、山。リュブリャナに到着です。

スロヴェニアの首都リュブリャナは小さい、小奇麗な街。そこにあるのは、キャフェ、キャフェ、キャフェ。川沿いは気持ちの良いキャフェで埋まっています。皆まったり、ストレスなし、という印象。パリと東京から来た我々には????全員ヴァカンスなんか?いくら8月とはいえ、平日ですよ、スーツ着て歩いている人いない!それに物価安くない!それに皆使いこなした英語しゃべる!歯が欠て、草履引っ掛けてるおっちゃんも、いつも使ってるねん的な英語でシャラシャラ答えてくれます。街中で目立つオーストリアのハプスブルグ家の堂々とした建物もラテンの国からの私にはエキゾチックでワオーでした。
おもろい所だねと皆で頷き合って次へ。

 
voyage 092いくらアドリア海が美しくても、暑くて、煩くて、べたべたした海はノーサンキューの年頃になった我々は清々しい高原へ。

ブレッド湖畔でのんびりし、その後はいつの間にか国が変わってクロアチアの自然世界遺産のブリトヴィッチェ湖畔群国立公園へ。


voyage 167
スーと涼しい!と思い込んでいた我々はちゃんと暑くてびっくりしながらダレ~ンと過ごしていました。



楽しい休暇は直ぐに終わり、猛暑のザグレブからパリに戻ると、爽やかな気候で人も少なくなったパリ。

やっぱり我が家が一番!

 

私がこの世でもあの世でも唯一絶対的な信頼を置いている私のねーさんは、大荷物によろよろしながら、イヤイヤ東京へ帰っていきました。又来年ね!