001家を出ると、デモ行進真っ最中。爆竹もパンパン鳴って険悪な感じの大きなデモです。デモ街道に住んでいる私は慣れたもので、うまくすり抜け、道の反対側の地下鉄の駅へたどり着きました。バスで行けば簡単に行けるのに、地下鉄を乗り換えて行かなければならないイラ立ちを撒き散らしながら。

 

 

前回のブログでも書きましたように、今フランスでもインフルエンザが流行っています。そんな最中、新しい法律に対して一般医たちがストライキをしています。
大きく ”ストライキ中” と書かれたドアの前でぐったりしている子供を抱えて途方にくれているお母さんの映像などがテレヴィで映されています。パリなら、ならばあっちの医者といくらでもチョイスはありますが、田舎では大変です。

先日見たかわいらしいストライキは、”マダムピピ” と呼ばれているトイレおばさん達のストライキです。昔はレストランやキャフェなどのトイレにも、小さなテーブルを前におばさんが座っていました。トイレを綺麗に保つのが彼女達の仕事です。トイレに行く人は小さなテーブルに置いた小さなお皿に小銭を入れます。
マダムピピはレイレの入口でお昼を食べたり、お茶飲んだり、編み物したりしながら1日過ごしています。
今ではレストランなどのトイレには、さすがにいなくなりましたが、公園や駅などの有料トイレには健在です。ストライキしていたのは駅のマダムピピ達です。何でも古株のマダムピピをリストラする案に対してのストライキだそうです。彼女達の中にはこの道28年という大ヴェテランのマダムピピがいるそうです。
納得する回答が出るまで、ストライキは続行します!と鼻息荒くしています。日本だったら、駅のトイレが使えなかったら大パニックになるでしょうが、フランス人はそうそうトイレへ行きませんからあまり迷惑な話ではないと思いますが。
因みにですね、ギャラリー ラファイエット デパートのトイレは無料ですが、プランタンデパートのトイレは有料ですのでお気を付け下さい。
トイレついでに。
記事を読んでさすが日本と思ったのは、”ハローキティーの国では、自然災害に備えて、産業省が国民にトイレットペーパをストックして置くように呼びかけた。なぜなら、トイレットペーパーの主要の生産地は静岡県という大きな地震の起きる可能性の高い地域なので、万が一地震が起きた場合トイレットペーパの生産がストップしてしまうから”と書いてありました。本当にそんな呼びかけがあったのでしょうか?

フランスで何かしら新しい法案があると、良かろうが悪かろうが必ずそれに関わっている人達がデモやストライキをします。ハイ分かりましたとおとなしく従うフランス人はいません。