tour eiffel 011いや~、2013年のクリスマスはお蔭様でゴージャスでした。シャンパンのピンクから始まって、キャヴィアに生牡蠣にフォアグラに今年は1kgが3千ユーローは軽くするトリフに。。。

知らぬうちにシャンパンは秘密の極上のメゾンの白になり、その後は留まる事を知らずヒョへーと目が覚めた赤ワインへ突入。

 

夢の様ね!と何度も皆で頷き合いながらいつの間にか明け方になっていました。

良く見れば外はぼーぼーと嵐になっています。

フランスの下半分の方は大災害でした。120 000軒が停電、ニースの空港は全面的に閉鎖、ブルターニュでは木曜日になっても停電が続いた地域がありました。

水浸しになった自宅やお店を途方にくれて掃除している人、神も仏も無いとはこのことです。特にクリスマス前にこんな目に会えば誰しも『あたしが何悪い事をしたっつーのよ』と天を呪う気持ちになります。

パリにいると、妙に風が強いわね、これじゃ傘もさせやしない!てな文句で事は済みます。明け方、風に吹っ飛ばされながら、いい気持ちで家へ帰る道では、既にクリスマス一番の出番である魚屋の兄さん達がきりりと白いエプロンを締めて店開きの準備を始めていました。

さて、翌日というかその夜の家族での地味なクリスマスディナーも無事終わりました。

クリスマスプレゼントでもらって一番嬉しかったのはフライパン!

4つ持っているフライパンのどれもダメにしてしまったので、やったーと嬉しかったです。そして一番感動したのが、これ!
judaiseme 045うちの息子は、10歳になるかならないかのあたりから、毎年ではないのですが針金で指輪を作ってくれていました。
左のは去年の物、右が今年の指輪。段々上達しているのが見て取れます。初めて作ったのは本当に感動するほどかわいらしかったんです。それをお見せしたくて探したんですが、無い!
酷い母さんです。

 

あーた、こんなに器用なら、学校はいいから蹄鉄やかどこかに修行に行ったらと薦めてみました。
何しろ、彼は例の通信簿の所為で、このクリスマス休暇は外出禁止令が出ています。苦手な学業なんか止めて得意分野に行きゃいいのに。

ともかく、クリスマスだけでも誰でも平和に楽しく過ごせる世の中になってほしいものです。

25日の20時頃、友達から郊外電車にかれこれ1時間閉じ込められていると、暇にかまけて電話が入りました。こちらとしては、クリスマスディナー作製真っ最中なんだから、電話の相手はしてられないのよ。