会うなりまたもや、日本の話題を持ち出そうとするドクターの話を無視して『レントゲン見てください』と殺気立つ私。

道すがら、あーこれで私もキフキフパリの仕事も出来なくなるな。と湿っていたんです。

レントゲンを見ているドクター、『あなたは何かスポーツをなさっていますか?』  『全然!』  『水泳も?』  『オーとんでもない、プールなんて真っ平です!』  『確かにプールは衛生的ではありません、我々フランス人は汚いです、ふ け つ!!そこへ行くと、あなた方日本人のなんと清潔好きな事。。。。』と再び日本人賞賛話題に流れそうなのを押しとどめ、で、あたしの膝は?

『あなた、筋肉が全然ないんですね。だから膝を定位置に保てなくて、ずれてきた為痛いんですよ』 もう1回、が~ん。

『筋肉が無い』 って以前も言われた事があります。体のエクササイズをするサロンで、お腹の筋肉を出して下さいって言われて、????どうやるんですか????ほらこうやってと自慢の硬くなったお腹を見せてくれたトレーナー。さっぱりやり方が分からず、筋肉無しと判断された経験があります。しかし、これで本当にテクニックの問題ではなく、筋肉が無いということが判明した訳です。ショック。

リュウマチではないという安堵感が吹っ飛ぶほど、頭の中は『筋肉が無い!』 という事に占領され、なんだかやる気までなくなってしまいました。

絵まで描いて説明するドクターの話も上の空。『だからどーしろって言うんですか?』 投げやりに聞くと、『キネですね』。 キネとは日本の整体の様なモンです。

キネに通うのイヤだなと帰り道不貞腐れていたんですが、階段を下りたらピリッと膝の痛みを感じ、膝が痛くて歩けなくなったら商売上がったりだわ、とキネの予約を取る決心をしました。

キネには何度もお世話になっているので、マイキネを持っているのですが、彼は一番高いカテゴリーのキネです。この膝は長期戦です。貧乏気を出して違うキネ探しを始めました。

たまたま通りかかったキネの診療所のドアを入って聞いてみると、そこには男性と女性
2人のキネが居るそうです。『どちらがよろしいですか? 男性は目が不自由な方で、、、、 、、』 と説明の最後まで聞かず、『それにします!』 もう私の頭は座頭市です。盲目の按摩師。

『なるべく早く予約して下さい!』

予約の日、膝も軽やかにキネのキャビネへ向かいました。

つづく