病気話題が多くなり、これはいかんとは思っているんですけれどもね。

いやー、先日膝に嫌な不快感を感じたんです。とうとう私の番が来たか!!とそれは大いに嘆きました。

と、言いますのも、近所に仲良しおばさん5人組が居るんです。驚くなかれ、そのうちの3人がリューマチになったんです。このあたりの水が悪いんじゃないか、あんまり一緒に遊んでいると移るんじゃないかとか心配し合い、健康な残り2人はいつ自分も仲間に入るのかとビクビクして生きている訳です。何しろ彼女達の辛さを目の当たりにしているんですから。

乳癌や大腸癌の検査に来てくださいと手紙が来ても、そのうちにね、とほってある私が直ぐにお医者さんに駆けつけました。それも、ホームドクターをすっ飛ばして、直リューマチ専門の先生の所に。だってとうとう私の番が来てリューマチになったんですから。

『先生、私リューマチになりました』『オーオーそれは御かわいそうに』と慰めてくれながら、永遠な質問をします。それも合間に日本の話を挟み、『いつかは行ってみたい国ですな~』と繰り返しながら。

やっと、『ではお膝を見せていただきましょか』と診察台へ。

ぶつぶつ言いながら、曲げたり、延ばしたり、さすったり、コツコツとしてみたり。

『私の見立てでは、あなたはリューマチではありませんね』『訳ないでしょ、あたしの友達は3人もリューマチになったんですから』『イヤイヤお友達がなったからって、あなたもなるってほうはありませんよ』『そろそろ、時期的にもあたしもなってもおかしくないと思うんですよ』

私が、フランスに住んでいて良いと思う事の1つは、冷静になってみてみればよく分かる、こんな馬鹿げた事を言う人の事をアホ扱いしないという事。日本では相手にしてくれないでしょうね。

あと、2~3回アホな事をぬかした私に、『ともかくレントゲンを撮りましょうね』と、処方箋を貰って帰されました。

その足で、レントゲンの予約を『大至急!』と取り。レントゲン写真を貰った足でドクターの所へ直ぐ行けるよう、『緊急!』とドクターの予約も首尾よく取りました。

レントゲン技師は、うちの息子の友達かというような若いブラックの男の子。顔中めがね、白衣の袖も捲くっていなきゃ着てられないぐらい小柄な子。

案の定、私の膝に上手く焦点を合わせられなくて、パンツにはだしの私は死体のように冷たくなってしまいました。カメラの焦点が合わせられないから、あたしの膝をカメラに合わせようとひね曲げたり努力はしてみたものの、どうにもならなくてシェフを呼んですんなり終わりました。

翌日、レントゲン写真を取りに行き、結果を聞くと、あなたは事故にあったり、高い所から落ちたりしましたか?と暗い顔つきで聞きます。イヤ、覚えはありません。どんな具合ですかあたしの膝は?乗り出して聞く私に、ドクターから聞いて下さい。相変らず暗い顔です。

が~んとしながら、ドクターの元へ急ぎました。

つづく