今年30パーセント以上のフランス人はヴァカンスに出かけないと聞いて、不景気も相当深刻なんだと思いました。フランス人の生きる目的『ヴァカンス』に出られないんですから。
それでも、他のヨーロッパ諸国の中ではダントツ1位のヴァカンス消費国です。後に続くオーストリア、エゲレス、イタリア、ドイツは半分ちょっとの国民しかヴァカンスに出かけないそうですから。

7月と8月は毎週末に駅、空港、道の混み具合をニュースで伝えます。
親の仕事が終わるや否やの金曜日の夜や土曜日の朝に出かけるパターンが一番多いからです。
ヴァカンスに出かけるといっても最近はシブチンになってきて、フランス国内で過ごすのが殆ど、キャンプ場が繁盛しているなんて具合です。雨に見舞われているキャンプ場で、セーター着てビール片手に日がなトランプしているヴァカンス客、子供達も何もする事がなくてブーとしている様子をテレヴィで見て、見ているこっちの方がケッとっとと帰りゃいいのにとうんざりします。又は、安く上げるために友達の家に転がり込むとか、一番比率が高いのが実家、又はセカンドハウスで散歩と昼寝の毎日を過ごすタイプのヴァカンス。仕事しなくて良くて、自然の中に居るというだけでフランス人は幸せになるんです。

最近世界中で流行っているのが、家の交換。パリのアパートなんてモテモテでニューヨークだろうがニューデリーだろうが何処とでも交換したい人は居るそうです。

フランス人の有給休暇は5週間です。これは労働者の義務です。常識的には3週間夏に取ります。1週間は家のペンキ塗りとかして、2週間は海や山へ行くというのが理想的。その場合、飛行機とホテルのパッケージを買うのが手軽です。パリから安いのは、スペイン、チュニジア、モロッコあたりです。しかし最近の不況でお財布の紐ががんじがらめになっているので、出かけるには出かけても3泊4日なんてミニヴァカンスが増えてきたそうです。少なくともフランス人にとってヴァカンスとは最低4泊5日はしなきゃ気がすまないのに、それ以下です。それでも出かけていくフランス人!

すっかりヴァカンス気分のフランス人は今機嫌がいいです。パリに旅行中の皆さんも今なら優しくフランス人に接してもらえる事と思います。