回教徒にとっての義務、ラマダンが7月9日から始まりました。8月8日まで、新月から新月までの1ヶ月間の断食です。
食べたり飲んだりしてもいいのは暗くなってから。今の時期、パリは10時過ぎても明るいですから相当難儀な事かと思います。ましてや真夏。水も飲んじゃならぬ、唾さえ飲むのは慎むべき事柄らしいので、アフリカ辺りでは、命がけなんではないでしょうか。神様の教えをきっちり守ってたら死んじゃったじゃ洒落にもならないでしょうに。北欧辺りで白夜に当たったらどうなるんですかね。

と、部外者の私はえらいこっちゃと大きな心配をするのですが、当事者のイスラム教徒の人達は、大変清々しい気持ちでラマダンを過ごしているようです。辛くはないのと聞くと、最初はお腹空くけど直ぐに慣れるし、とても気持ちがいい、体にだっていいんだよ。胃を使いぱなしじゃイカレルのは当然だよ、時々休ませなきゃ。とサンドウイッチを頬張りながら(それもハムのサンドウイッチを)聞いているあたしに答えました。もちろんその時はラマダン前の日、ラマダン真っ最中だったらいくらあたしでも、イスラム教徒の前でお天道様の高い時に物を食べるなんて事はしません。

イスラム圏の国では、ラマダン実行は法律で決まっています。先日チュニジアで女性達がラマダンを実行しないくていいよう法律改正をするようデモをしましたが、あっけなく却下。
ラマダンを逃れられるのは、病人、妊婦、旅行者、しかし、彼らも出来る時になったらラマダン期間でなくとも変わりとして実行しなければなりません。
子供も12歳にもなれば、半ラマダンみたいにほんの少しの物を日中食べ、段々に慣らさせて完全ラマダンに向けて訓練していくそうです。

フランスなど外国に住んでいるイスラム教徒でもラマダンは結構皆習慣として守っているようです。彼らを見ていると、日増しに痩せていきます。体は衰退しているようですが、清められていく自分に心は満たされて幸せそうです。

イスラムカレンダーは食していい時間を毎日きちんと指定しています。その時間になれば、おりゃ~とむさぼり食うのかと思いきや、すっかり胃が小さくなっているので、そうそう食べられず、先ず熱いお茶を飲んで、胃を刺激してから少しずつ食べるのが普通らしいです。そんなこんなで食べ始めるのが夜中の12時頃になるんですから、睡眠不足でもあるわけです。

異国で他の人達と同じ様に仕事しながらラマダンをやっている彼らは大変強い意志を持っていると思います。その意思の持ちようをダイエット法になんとか利用できないもんでしょうかね。『ラマダンダイエット』どーよ。

925 015聖地メッカがどっちか分かる磁石付きお祈りカーペット。

何処にいても正しい方向に向かってお祈りできます。