昨夜など暖房をつけました。今朝、朝市に行く時もコートにブーツと冬のいでたちでした。もう野菜も果物も高い事高い事。野菜果物生産は80%近くが気候に左右されるという事なので、今年は生産者にとって厳しい事でしょう。
パリの人だっても皆鼻かみながら、一向に太陽が出ない事にうんざりして機嫌悪いです。

925 003困っているのは、アイスクリーム屋も同じ。
昨日はパリ市内でBEN&JERRY’Sがアイスクリームを配っていました。在庫整理なのかなと思いながらも私も貰いました。
人間、22度の気温が一番アイスクリームを欲するんですって。
23度になるとビールがドカンと売れるそうです。しかし30度以上の気温になるともう売れなくなるんですって。暑過ぎてアルコールは要らんって事でしょうか。

 

 

大打撃を受けているのは観光業も同じ。しかし日本やアジアの国からの観光客ならば、雨降っているから行くのやめよう、とか早く帰ろうとはなりません。
パリでヴァカンスを過ごされる方、くれぐれも気をつけてください。既に何度もブログで書いておりますが、最近、置き引きやスリの被害を耳にする事が益々増えているように思います。幸いな事にキフキフパリのお客様で被害にあった方は一人もいらっしゃいませんが。

先日は元アメリカ大統領ビル クリントンのスタッフがシャンゼリゼ
で現金引き落としの所で被害にあっています。全然気が付かなかったととんまな事を言っています。

ルーヴル美術館では、あまりにもスリの被害が多くて対応できないと美術館を閉めたほどです。

何処の地下鉄構内でも日本語でスリに気をつけるよう放送しています。これはパリ警視庁のアイディアです。

一番、被害が多いのが地下鉄の車内と構内でのスリです。時間帯は14時から17時が一番多く、女性の被害者が圧倒的です。

常に、常にバッグに神経を注いでいる事が一番大切です。
ポケットに入れていいのはティッシュだけ。
誰かが話しかけてきたり、近寄ってきたら要注意!バッグを抱えなおして無視!です。

フランス高級品組合も、買ったわ良いけど、そのまま引ったくられるというパリでは、買い物客がロンドンやミラノあたりに流れたらたまったもんじゃないと頭を悩ませています。

隙を見せてはいけません。お天気はどうにもなりませんが、スリなどは防御できますので、どうぞくれぐれもお気をつけ下さい。
皆さんに『たのしいパリ』を過ごして頂くことがキフキフパリの一番の願いです。