ある展示会で、ボヤボヤ歩いていたらどうぞと雑誌を渡されました。頭は違う事で一杯だったので、ありがとうも言わず、見ることもせずバッグにねじ込み、そのまま忘れていました。翌日不精にもそのままのバッグを持って出かけ、地下鉄の中で何これ?と記憶に無い昨日貰った雑誌。
しみじみ見ればシニア用の雑誌です。私歩いているーシニア用の雑誌を配られる。この構図にそんなもんかもねと一人ウンウンとしながら読み始めました。

白内障や緑内障などの手術特集とか、尿漏れパットの使い心地比べとか、前立腺との付き合い方とかの歳相応のお役立ち記事もあるのですが、いかに若々しいいでたちでいるか、いかに性生活を満喫するか、が全体の大半を占めている主要な記事です。
浮気自慢特集では、35歳の整体師とのアヴァンチュールですっかり若返り、自信満々になったソフィーさん58歳の話とか。
ガンになって厳しい治療を2年間やっている間、主人とは一切関係がなかったんですが、今はもうすっかり元気になり、再び主人との夫婦生活を是非とも再開したいんですが、主人はまだそんな疲れることをしないほうが良いよ、もう少し君の体が回復して落ち着いてからにしようと言います。どーしたら良いんでしょうか?アンヌ62歳。なんて悩み相談コーナーもなんとも生なましいです。

abba数日前に70年代に売れに売れたグループアバの博物館がストックホルムに出来たそうですね。ここ数年ポールマッカートニーやミック ジャガー、デヴィッド ボーイとか爺さん婆さんがしゃしゃり出てきています。あたしゃ嫌いです。醜いです。嬉々としてコンサートに出かける人の気が知れません。
ABBA+Jul+2008+Mamma+Mia+premiere+St
青春の歌を、もうすっかり膝なんかガクガクして、顔が引っ張りすぎて異様につるつるしている所と首辺りの手がつけられないしわくちゃの所がパッチワークのようになっている現状の歌手が歌うのを見て何が嬉しいんか?
フランスの80年代、90年代に流行った歌手達もグループになって懐メロ大会でフランス全土をコンサートして廻っています。

ポンと突き出たお腹をブルンブルンいわせているおっさんや、こうもりのようになった二の腕を振り回しているおばちゃん達で会場には恐ろしいパワーが充満しています。

フランスの中学生の3分の1がアルコールでべろんべろんに酔っ払った事があるそうです。急性アルコール中毒になって病院に運び込まれたり、或いはその勢いで初体験をするというケースが多いようです。5分の3の中学生がお酒を飲んだことがあるそうです。
明日から夏休みという最後の日の放課後、大きいコーラの壜をラッパ飲みしながら道や公園ではしゃいでいる子達をよく見かけますが、あの中にはラムやウォッカがたんまり入ってリます。

もう、『歳相応』の相応という基準が何処にあるのか分かりません。そもそも『歳相応』という言葉自体無くなったのでしょうか?