毎年ブログに書いていますが、今年も決まりました。4月26日にパリ一番のバゲットが発表されました。ここの所パリ18区のパン屋が続けざまに受賞していましたが、やっとセーヌ川を超えて左岸のパン屋が1等賞になりました。
第19代目のバゲットチャンピオンは Paradis gourmand というパリ14区のパン屋さんのRidha KHADHER さんのバゲットです。名前からも分かるようにチュニジアの方です。15歳でお兄さんに習ってフランスに来てパン屋になり早24年。1等賞受賞してのコメントは、『あっしのバゲットを食べて大統領さんがなんて言うかね』
1等賞を取ると、1年間大統領官邸に毎日バゲットをお届けする事になりますので緊張感が伺えるコメントです。
賞金の4000€の使い道を聞かれて、『2号店を出す資金にしたいけど、先ずはお馴染みさんやこの受賞で新しく来てくださるお客さんに品質を落とさないりっぱなバゲットを焼く事に集中したい、2号店はもう少し経ってから』と真面目一筋です。
私は明日か、明後日かなるべく早く買いに行こうと心に決めました。

bagettes今年は203本のバゲットが参加して、規定に外れたのを除いて結局152本のバゲットが勝負に出ました。
審査のポイントは。1 焼き具合、 2 味、 3 バゲットの中の白い部分の加減、 4 見かけ、 5香り、 の5点です。

 

 

バゲットというのは、長さ 55~65cm、重さ 250~300g、塩加減 小麦粉1kgに対して18g、ということです。今パリで平均、バゲット1本、95セントです。半分でも買えるのが合理的です。

フランスのパン屋と肉屋は女好きと言われていますが、最近フランス人の命の綱バゲットで一等賞を取る人はオリジナルが外国の人が目立ちます。
女好きフランス人が減ったって事でしょうか?

審査員の中に6人だけ素人が参加できます。期間中にメールでパリ市に登録して
抽選で選ばれます。来年参加してみたい方、キフキフパリにお問い合わせ下さい。

PARADIS GOURMAND
156 RUE RAYMOND LOSSERAND
75014 PARIS