数日前にフェイスブックでお伝えした、エアーフランスの救命胴衣をリサイクルしたポシェットについて少々お話したいと思います。
bilumという会社が100%メイドインフランスでリサイクル商品を作っています。例えば、デパートや美術館などの外壁に掛けた広告の垂れ幕でバッグを作ったり、エアーバックと安全ベルトでクッションを作ったりなど捨てる代わりにクールにアレンジして商品化しました。どれもセンス良いです。そして一番の魅力はカッティングの場所によるので、2つと同じ物は無いということです。

2805_paris_pub_musee_orsay_chanel_inside
パリの街中でよく建物の工事中にコマーシャルの巨大なシートで工事現場を囲っているあのシートを上手く使うわけです。

 

 

 

925 032
同じコンセプトで有名なのはトラックで運搬する時に掛けるシートをリサイクルしてバッグを作ったスイスのFREITAG。決して安くないのに、薄ら汚れていて初めて見たときは何かの間違えかと思い、フランスでの代理店をやっている人に、いったいこのバッグはどうしたのかと聞いたぐらいです。

 

 

 

 

bilumはフランスでリサイクル商品を作ったパイオニアです。捨てる物を賢く利用しエコロジーでありエコノミーです。またフランス国内の小さな家内工場のような所や仕事を斡旋する所に発注するなど、社会的に大いに貢献しています。関わっている人皆が嬉しいというビジネスは上手くいくはずです。

パリ市内で買える所はセレクトショップです。ポンピドゥセンターのブティック、
ルーヴルのカルーゼル内のラパルトマン、ボンマルシェのグランド エピシエなどで買えます。又はサイトからです。

actualite_gilets_trousse_bilum_630x0私はやっぱりエアーフランスの救命胴衣が欲しい。