チッやっぱり何事もなく12月21日は終っちゃいました。
日本でも紹介されたと思いますが、南フランスのブュガラッシュというヤギしか住んでいないような村が大いに話題になりました。この村に宇宙船が0時12分か1時34分(ならば12月22日だな)に着陸して、そこに居る人達を乗っけて滅びる地球から助け出してくれることになっていました。ノアの箱舟物語です。
外国からもジャーナリスト達が取り合えず集まりました。もちろん日本からもジャーナリストが来ました。村のおばちゃんは、『朝食食べてたら窓から日本人がカメラさ撮っててびっくらこいたよ。なーしておらの朝飯ば見たいんか?』と真面目で仕事熱心な日本人に首を傾げていました。ネットでザラーっと広がったこの村の噂を真に受けて、仕事止めて、家売って集まってきた人達が居るそうです。この人達が期待に打ちひしがれて自殺するのではないかが大きな気がかりだそうです。
12月21日の宇宙船到来にまんまと便乗したのが、近所のホテル、レストラン、退屈していた村人達もハロウインのように仮装して楽しんでいました。
当の本人のブュガラッシュのおじいちゃん、おばあちゃん達は、早く地球の終わりが終わって欲しいとうんざりしていました。

12月21日最後の日をイヴェントにしない手はありません。
例えば、あるバーは42€で食べ放題、此の世の終わりカクテルとプレゼント付き。というスペシャルナイトを企画しました。要予約だそうです。

あるハンバーガーやはTHE ENDBURGERこと『最後のバーガー、死のきのこ入り』10€という特別メニューを作りました。

ある映画館では、世の終わりをテーマにした7本の映画を見続けるアポカリプスナイトを企画。

ケ ブランリー美術館は、マヤ文明のカンフェランスを開きました。

最後の日を皆でバカ騒ぎして向かえようと朝までのコンサートも沢山あります。

飲み水、ポータブルトイレ、バッテリー、などサヴァイヴァルボックス280€なども売り出しました。

アメリカでは何処でも作れるシュレーター39000€ってのも売り出しています。

今年12月21日が一番日が短い日。朝出かける時も暗くって、夕方まだ早いのにもうおっ月さんが出ていたので、何か変わった様子はないかと観察しながら歩いていたのですが、何もかも普通で端が欠けてる白い月でした。夜中12時頃のおっ月さんは、近視の人がめがね外した時に見えるみたいにぼ~んやりした滲んだような様子でした。
長~い人生がまだまだ続くよどこまでも!か。