まーどこもかしこも混んでる事。地下鉄なんて東京に少し負けるぐらいの混みようです。レジなんて貧血起こすぐらい待たされます。
今年はクリスマスプレゼントの買出しラッシュがクリスマス前2週間に迫ってやっと始まったようです。ギリシャエキスプレスに乗ってるようなフランスですので、殆どのフランス人が貧乏気分にいて、お財布を開けるのはなるべく先延ばしにしたいということでしょうか。
それにしても、フランス人の70%がネットでプレゼントを買うというのに何処どこもこんなに混んでる?と思っていたら、ネットで買うのはプレゼントの一部だけだそうです。義理の母親とかどうでもいい人用のプレゼントや、絶対ネットで買った方が安い物以外はやっぱり実際に触ったり、匂いかいだりして買うんですね。

2012年の子供達の希望クリスマスプレゼント一番はタブレット。18ヶ月の赤ん坊用のアホかいなタブレットもあるそうです。
そうはいっても、へそ曲がりのフランス人のこと、昔ながらのメイドインフランスの木のおもちゃなども大いに復活してきたそうです。
小学校の授業でもタブレットを使っていますが、字を書かないとゴリラみたいな手になるんじゃないかと心配です。指の先まで神経が行き届かないで繊細に曲げたりする動きができなくなるのではないでしょうかね。
そこから、全く違う事を思うのですが、アメリカのコネチカットの学校で起こった事件で最初にテレヴィ等でバンバン流していた情報がほとんで間違っていたってこと。
恐ろしい世の中です。ツイッターやフェイスブックに負けるな、早く早くより早くをモットーにしているメディアはもう信用でけへんで!と思ったものです。

フランス人のクリスマスプレゼントの平均予算はこっちの新聞は350€、あっちの新聞は640€と、全然違うじゃないのさの金額が出ています。ほんなら私としては480€としておきます。

今年のプレゼントにオーこれ!と一番に思ったのは建築物レゴ。写真のコルビジュエのサヴォア邸の他、ホワイトハウスやグッケンハイム美術館なんかもあります。

1643年から蝋燭を作り続けているTRUDONの蝋燭はいつ貰っても嬉しい。

何あげたら良いか分かんないぼんくらさん、とにかくおなごには香水買っとけ。とアドヴァイスが新聞に書いてありましたが、私は香水もらうとケッと思います。

 

とてもプライヴェートな分野の香水は自分で選びたいです。香水貰うなら、鍋貰った方がずっと幸せ。
やっぱり新聞やテレヴィでの情報を羊のように聞いてはいけないんだわ。