オサレなマレ地区のメインストリート、フラン ブルジュワ通りをあらぬ方を眺めながら歩いていますと、『競売こっち』と書いた看板にぶつかりそうになりました。へこんな所で競売やってんの?と、素直に『こっち』へ従って歩いていくと、そこはパリ市営の質屋でした。この質屋に関しては去る2月2日の『フランス人の宝石』というブログで書きました。
『叔母さんの洋服ダンスの整理』といタイトルで毛皮、シャネルやヴイトンのバッグ、エルメスのキャレなどが競売にかけられる日でした。何処よ何処よと入っていってみると、もう競売主催会社の社員の姉さんが毛皮を着て真ん中の通路を歩いて見せている所でした。
ミンクのロングコートが300€とか400€とかで落ちていきます。アライアの革のコートが550€、ディオールのミンクのコートが1040€ですって。
全部で213点あるので、木槌を持った競売史はほれほれ、ちゃっちゃとしてガールズ。明日までやってる訳にはいかないんだから。としきりにせっついています。『ちょっと、それサイズはいくつなの?』なんておばちゃんが大声で聞くと、『女サイズだよ。あんたにぴったり。』なんて忙しそうに答えていました。

私も用があったから歩いていたわけだから、長居する訳にもいかず途中で帰ったので、ヴィトンやエルメスがいくらで落ちたか分かりませんが、やはり皆こういったブランド物は好きなんですね。
違う競売ですが、先日エルメスの綺麗な紺色のクロコのバーキンが58000€で落ちました。予想価格は35000~40000€だったのに。つや消し茶色のバーキンは54000€。
エルメスのお店でバーキンを買わせて頂ける人は超特別な方々のみのようなので、絶対欲しいという方には競売又は中古、いやヴィンテージショップという手段もあります。

これは、パレロワイヤルのお庭にあるヴィンテージのブティック。
ケリーは結構出回っています。

サン ルイ島のこのブティックも信頼できて、品揃えがいいです。

 

 

 

 

 

知らなかったんですが、この質屋は色々良いことしています。
銀行でお金を貸してもらえない、よんどころの無い事情がある人に3000€まで貸してくれます。36ヶ月以内返済、4%の利子です。
逆にお金が余っている人は貯金ができます。普通預金で2.5%の利子、長期預金で3.75%の利子がつきます。日本に比べたら大盤振る舞いの利子です。
又、宝石や美術品などを預けておく事もできます。

定期的に行なわれるオークションには2年以内に引き取りに来なかった物がでます。
殆どの品物は引き取りに来るそうです。
ここの質屋には約100万個の物があって、全部で2億1500万ユーロー相当になるそうです。

道理で建物全体厳重な感じがするんですね。

次回のオークションは12月3日、金の福袋(みたいなのだと思います、きっとこまごましたアクセサリーが袋に無造作に入っている)その次は12月6日、宝石。
ワインのオークションも見逃せません。