第18回目のサロン ドゥ ショコラも大盛況のうちに終わりました。
不況の嵐も頓着せず今年は130000人の集客だったそうです。毎年増加の一途を辿っています。

 

 

 

サロン中に使ったチョコレートはなんと85トン。象何頭分なんでしょう。
フランス人のチョコレート平均年間消費量は7KG,計算すると400000トンのチョコレートをフランス人は平らげてることになります。その内、34000トンのチョコレートをクリスマスだけで食べちゃいます。

『何の商品の使用を絶対止める事ができないですか』の質問に59%のフランス人がコーヒーと答えました。そう言やぁー、朝会社に着くと先ずコーヒー片手に30分はピーチクパーチクしてからイヤイヤ仕事を始めるという段取りですものね。
40%の人は化粧、これは結構驚き。そして31%の人はチョコレートは止められないと告白しています。と言う事は、フランス人のお土産にチョコレートを選んでおけば無難と言う事です。

42%のフランス人は気が滅入った時は美味しいチョコレートを食べてやり過ごすと言っています。

なんでもチョコレートは熊のぬいぐるみの様に、心を安らかにしてくれる作用があるそうです。
専門家は毎日食べるのは6欠片までと注意を施しています。だって14%のもフランス人が毎日チョコレートを食べているんですって。

チョコレートの命、カカオは象牙海岸のカカオが一番と大多数のチョコレート屋の意見が一致しています。
私のホームドクターも、あんたみたいな人は(意味不明)良質のカカオのブラックチョコレートを食べな、と言っていました。

満点取ったチョコレート屋は今年も大体同じ顔ぶれですが、LE CACAOTIER (パリ7区)BENOIT CHOCOLATS(パリ4区)なんかも仲間入りしました。

パリが終わり、この後リヨン、カンヌなどフランス中をサロンは廻っていきます。
来年は10月30日から11月3日まで、是非フランス旅行の日程を合わせてお立ち寄り下さい。