私、オサレな人間ではないので洋服に関してはとんちんかんなんです。洋服っていつまでもあって、はっきり言えばうんざりする代物です。そこへいくと靴はいいです。消耗して寿命がちゃんとあるのが好きです。奥さんこのコートは一生モンですよなんて言われると、恐怖を感じるくらいです。
そんなあたしが靴の音も高らかに歩いていましたら、(前を歩いている年寄りなどは、恐ろしくて道の端に立ち止まって私をやり過ごすぐらい、暴力的な音を立てているようです。)
赤いブーツの看板が出ていて、中奥でなにやらやっているようなので入って行きました。

ほー、フランス靴連盟がエクスポジションをしています。

靴の作り方とか、素材の色々だとか、職業別靴の色々だとかを展示していました。

ゲーンズブルグも愛用していたレペトの靴。靴下みたく柔らかくて素足にかっこよく履けます。

家族のタイプ別スリッパ見本。例えば成金趣味家族のスリッパとか上流階級家族のスリッパだとかです。
 

 

 

 

 

 

白バイ隊のブーツ。つま先から膝まで全てカチンコチン。鋼鉄ブーツです。だからあのシト達はあんな歩き方をしてるんですね。

フランス女は皆ハイヒールが好きだろうと思う所ですが、彼女達のハイヒールは平均5CMのヒール、イタリア女、そしてなんとドイツ女は10CMのヒールを履くんですって!フランス女は平均8足のハイヒールを持っているのに対してイタリア女は16足!

もっと魂消ることにフランス女は、お医者さんにあまり高いヒールは腰や背中に悪いですよと言われると、ちゃんと言う事を聞くんですと!
イタリア女はフンと鼻で笑ってカツカツと10CMのヒールを履き続けているそうです。
あの平均身長180CMあるようなドイツ女が10CMのヒールを履いた暁にゃニッポン男児はどう対処したら良いのでしょうね。