パリに行ったら観光とショッピングだけじゃ物足りないわ、という方が増えてきました。何かしたい!というご要望に副うよう常日頃アンテナを立てて情報収集しております。

かなりチョイスがあるのがお料理教室。

お菓子でも本格的なフランス料理でも、値段もピンからキリまでより取り見取り。

ちょっとだけ様子を見てみたいという方にはそれこそ1時間で作って試食してというのもあります。

 

キャフェでフランス語の個人教授を受けると言うのも格好いいです。2時間のレッスンを1回だけとかパリ滞在中毎日やりたいというのでもOK。

ブティックやレストランなどを日本でやっている方にも興味深いのが、掘り出し物がわんさかの競売場での雑貨、食器などのお買い物。

午前中に下見をして、午後から競売で競り落とします。普通の買い物と違ってのスリルを味わうドキドキショッピング。

 

先日、お客様をご案内して大成功したのが、自然の材料でのコスメ作りのアトリエ。

1時間から1時間半で、ボディークリームや化粧水などを作ります。今回はリップグロスを作りました。

先生は元ロレアルのコスメ研究者だったチャーミングなマリーさん。

場所は個性的なブティックが多い9区にある、アーティスティックなブティック。アーティスト達がブティックの裏でアクセサリーやバックなど作品を制作して、お店に出すという面白い所です。

 

 

まるでお料理教室のように、量りや小さないくつものスプーンやヘラがテーブルに並びます。

マリーさんの指示に従い、あれやこれやを一つずつ丁寧に量りながら混ぜ合わせていくのですが、そー簡単ではないです。何しろ細かいのです。最後に湯煎にかける時に1敵の水が入ってしまって、ハイ最初っからやり直し!なんて事にもなりました。グロスは無色でも良し、色つきがお望みでしたら、好みの色を混ぜ合わせて作ることができます。

出来上がった見た目の色より実際つけてみると薄く、控えめな色になります。

何しろ自分で作ったナチュラルコスメです。わざわざ用も無いのにバックから取り出して、アッこれあたしが作ったのよ、と皆に自慢しています。

 

 

こんな感じでフランス人との接触があると、楽しい、嬉しいパリの思い出も増える事でしょう。

パリで皆さん何やってみたいですかね。