こう見えても私はエゲレスが好きです。特に一日中『お紅茶』でも飲むべ、と言いながら、紅茶を敬愛しております。
明日紅茶好きの友達が来るからハイティーをしよう。と思いつき、スコーンやチョコレートケーキは自分で作れるけど、サンドイッチ用のパンはやっぱりこの辺のパン屋のではいかんと、わざわざシャンゼリゼにあるエゲレスのイトウヨーカ堂、マークス&スペンサーまで行く決心をしました。
午後はスポーツジムにいる息子に、あーたの靴見にアディダス行く?とおびき出し5時にジムに迎えに行きました。もちろん荷物持ちの為です。
地下鉄からシャンゼリゼ通りにぽっこり出ると、どーした!?の人。それも道路に沿ってと道路の真ん中に固まっています。
『オリンピック選手達が来るんだー!』と髪の毛がつっ立った息子。

来た,来た、来たー。
フランスはテーマカラーがブルーです。ですのでフランス代表選手達の事はいつも『レブルウ』(青達)と呼びます。
選手達を乗せたバスも青。借りてきた黄色の普通の観光バスはジャーナリストをこぼれるほど満載していました。
やっぱり凱旋門からダーンと現れると感動もひとしおでしょう。


 

 

 

 

 
 

シャンゼリゼ通りを通行止めにもしないで大型オープンバスが選手用に三台、ジャーナリスト用に1台が凱旋パレードをするもんだからぐっちゃぐちゃ。人は車道をバスに合わせて歩いているし、急いでいるバイクはその隙間を縫って行こうとするし、車は斜めや横向きになって止まっちゃっているし、その運転手は車のドアを開けっ放しで写真取りに行っちゃうし。クラクションは鳴りっ放し。もちろんおめでとうの意味の合図。
整備するはずのポリスも写真撮るのに大忙し。

私はスラスラ人や車をする抜けて、ずいずいバスを追って行ってしまう息子を見逃さんと必死のパッチでした。
それで発見したのは、一番安全で歩きやすいのはバスの直ぐ横、バスのボディーを触りながら歩くのが手っ取り早かったです。

写真を撮ったのは全部息子、彼の写真は個人的に選手をどアップで撮っています。
夜テレヴィを見ながら、ほれこの人がコレでしょと、写真とテレヴィの人を合わせて、何の選手で結果はどうだったか丁寧に説明してくれたのだけど、私の頭の中は明日のサンドイッチのパンのことで一杯。
どーしよう、またシャンゼリゼまで行くか、それともその辺ので妥協するか?