世界一訪れる人が多い国はフランスです。んで世界一観光客が集まる街は自ずとパリ!となるわけなんですが今年は何てたってオリンピックですのでロンドンに負けました。

それでも何処も混んでいます。なのにエッフェル塔はエレヴェーターの故障で現在一基しか稼働していません。もうエッフェル塔の麓はどこが先頭でどこが尻尾かも分からないほど大蛇の行列です。登るのは諦めた方が良いです。やっと登った所で下りるのに又永遠待ちます。病気になります。

道をのったり歩いたり、辛抱強く行列している観光客の内訳は、アメリカ人、日本人が又パリに戻ってきました。
不況のさなか不思議にイタリア、スペイン勢も10%もアップしています。常識的にポルトガル、ギリシャ、アイルランド勢は15%ダウン。
 

 

観光が1番の目的、2番目はショッピング。
パリのデパートの売り上げの40%は外国の観光客からです。
伝統の日曜日にお店を閉める決まりを見直す方向にフランスもやっと目覚めました。
マドリッドでは24時間お店を開けて良しという法律ができて、いい結果が出ているそうです。

観光スポットでは、直ぐにでも撃てるように構えて見回りしています。
安心と言うか物騒と言うか。

今日は30度ありますからね。しんどいお仕事です。でも世界中どこの都市にもいますね。

アイスクリーム買うのも並ぶ、並ぶ、並ぶ。

退いて退いて、と蹴散らして歩きたくなります。こっちは急いでんのよ。
東京ではあたしが蹴散らかされています。