7月6日の15時からフランスで一番大手の電話会社の携帯電話が使えなくなりました。
電話もSMSも不通。世の中大パニックです。
200人のテクニシャンを総動員して、日が変わった7日の朝03時30頃正常に戻ったそうです。
携帯電話がバックの中で鳴っていても気がつかず、道行く人に『あんたの電話鳴ってるよ』と言われてヘッと気がつくような私には理解できない世間のパニックぶりです。
携帯電話とは、緊急時に使って便利物であって、平常時には不要な代物だと認識していました。そして緊急時とはそうそう起こるものではない。

実際、どんだけ携帯が使えなくて大変な思いをしたか、と息せき切って訴えている人の話の中身はくだらん事ばかり。
電車で着いたのに迎えに来てなくてどうやって行っていいのか分からない。とか、待ち合わせの場所が分からないとか。5歳児かい?のアホぶりです。

携帯やGPSなど『考えると言う事ができない人間製造機だわ』と決めている私の考えはあながち間違えではないようです。

この電話会社は社員の自殺者が多くて有名な元国営のフランステレコムという電話会社。今でも27%は国が関わっているようです。
よってデジタル経済担当大臣がこの事故の説明に出てきました。

彼女はちと話題性があります。
韓国の血を引くフルール ペルランさん、38歳の才女です。韓国で捨て子だった彼女をフランス人夫婦が養子にし育てたら、ピョンピョン飛び級するような秀才でした。長じれば中々おしゃれで、アジア人独特な美しお嬢さんになり、とうとう今回の新内閣の大臣に選ばれるほど立派になりました。

説明では、この事故はソフトの問題であり、決して、決して悪意のある何らかのアタックを受けた訳ではありませんと力説していました。

今年の12月の地球滅亡説が流行っているので、どんな事になるのかという特集番組を良くテレヴィでやっています。
例えば、電気も水道もなくなり、19世紀の又はアーミッシュの生活スタイルに戻るだろうとか。
アーミッシュの人達はその共同体の中で平和に生きていて良いなと思うのですが、実際は、がっちり固められた束縛が嫌で嫌で、家族の絆を切ってでも抜け出す勇気のある人達も居るようですが。

ともあれ、この世の中、何もかもトゥーマッチだと思うんです。

電話会社はお詫びに1日電話やSMSなどタダで使い放題にいたします。と言っていますが、皆毎月使い放題のパッケージを契約しているのだから意味が無いと思うのですが。