パリからほんの少し離れるだけでお星様が良く見えるんです。

先日もうっとりしながら宙を見上げて歩いていて思い出しました。
冬の星座の王様オリオン座を成しているベテルギウスが爆発するという噂を聞きましたか?

ベテルギウスは大きいし激しく輝いているので燃料をいっぱい消費します。
よって寿命が短いんです。そろそろベテルギウスは天に召されるというか、大往生するというか、自爆すると予想されています。

なので世界中の観測基地で目を皿にして見張っているそうです。

今のところ爆発の兆候は無い、と言っている所、表面がでこぼこになってきたからガスを発している証拠だ、と言っている所とまちまちです。

どうしてこんな食い違いがあるのかが私にはさっぱり分かりません。

爆発も2012年の可能性大、と言っている所があるかと思えば、100万年以内と言っている所があるし。
要はなーんも分かってないってことでしょうか?

とにかく、2012年12月の地球最後説もあることだし、ベテルギウスが爆発するとします。そしたらば相当な光を発するので3,4ヶ月の間は太陽が2つ、月が2つあるようになるそうです。
そしてだんだんと勢力を失い、4年後には消滅すると予想されます。

面白いわ!

村上春樹のIQ84も顔負け。
この本、フランスでも話題になりました。第3巻ももう直ぐ出るようです。
相変らず、村上春樹の小説には、お昼ごはんはハムのサンドイッチとコーヒーだったり、小鉢に盛るようなチマチマした料理を作ったり、気は乗らないけど、まーいーけどとなんでも引き受けるような男の人が出ていて私には解せません。見たことないものそんな男の人。やはり小説の中だけの登場人物ってことなんでしょうか?

話は戻って、
このようなワクワクする心配話は、正気の国ではもう戦争はできないから何か違う事で国民の関心を逸らして、平和だけど不満だらけの今の状況をなんとかかわしたいという世界的作戦なのではと疑ってしまいます。
失業だとか、借金だとかそんなちっこい事で文句たれてないで、もう直ぐ地球がなくなっちゃうかもしれないんだから、もっと大きなことを心配しましょう!
ってな感じ。