フランス人達のおしゃべりで、日仏文化比較をして見ますと。
と言っても、もちろん女の人のおしゃべりです。
男の人達のおしゃべりの内要を知るすべは有りませんが、日仏両とも変わりなく、サッカーだとか、車だとか、電気ドリルなどのつまらん話だと思います。

フランス人でも日本人でもおばちゃん達の間では、先ず子供のことは必ず話題になります。
フランス人はどんだけ自分の子供が賢いか、美しいか、性格がいいか、芸術家だとか、とことん自慢します。

日本のおばちゃん達は子供が通っている学校名を何気なく言ったりしてそっと自慢します。

フランスのおばちゃん達は、素直に自慢しますが、どれほど手に負えない子で、おん出されてもう4つ目の学校だとか、見たことないほど馬鹿だ、とか16歳からバーに入り浸ってアル中になった娘の話しなんかも堂々とします。

話しぶりは私の子供=個人であって、私の子供=私の話ではないのです。

日本では犯罪者の家族まで世間で罰せられますが、フランスでは家族の事は一切報道しません。
犯罪者=個人であって、犯罪者=家族ではないのです。

それから、一番盛り上がるのは恋の話。

先日、友達の引越し祝いパーティーがありました。

大学や高校の先生が殆どのきちんとした人達です、年齢も大学の先生になるような年齢です。

学校の先生で離婚者ってかなりいます。

私の友達の先生は全員離婚者。

そのパーティーでも独身を楽しんでいる離婚者が何人かいました。

フランスでも出会いサイトが大繁盛です。

何処のサイトはいい加減だとかの情報のやり取り。

最近知り合った人との成果の報告。
これがまたおかしい。とてもここには書けません。

夫婦もんの人達も負けていません。

色々話すことには事欠いていないようです。
これも、ここには書けません。

こんなぶっちゃけた話をその時会ったばかりの人とも、椅子から転げながら話します。
この人、大学の物理の先生なんだよね。と隣の人に確認したりしながら、聞く方も椅子から転げて聞いています。

日本のおばちゃん達は、そんな下品なことはなく、皺伸ばしクリームの情報交換とか、介護施設の情報交換とかが主な話題だと思います。

一番盛り上がるのは、旦那の悪口。

フランス人は夫婦体制でいるうちはパートナーの悪口はあまり言いません。
褒める事はいっぱい言います。

日仏共通で盛り上がる話題は義理の母親の悪口。
これは、万国共通かしら?