お腹が空いたらごはんを食べます。
『ねー頭空いたらどーする?』と友達に聞いてみたら。
『???あーたの頭の中隙間だらけだから、その隙間の事思い出した時、頭空いたって思うんじゃないの。あたしゃ隙間無いから空かないわ』
そー言う事だったのか。
 私は頭か空くんですわ。
ほいで頭が空くと、コ コ コ コンサートに行かなければいけないんです。
今回、空き空きの頭を抱えて行ったのが、テアトル デ シャンゼリゼのコンサート。

私はコンサートが始まる前のわさわさした中で本を読んで待っている時間がとても好きです。
オーケストラだと、ばらばらと団員が出てきて、プーとかバーンとかキーンとか各楽器が音を好き勝手に出していたり、ちと怪しいなというパッサージュを練習していたり。
或いは、リサイタルだったらピアノの調律をしていたり。

ワクワクします。
しかし最近は、開演ぎりぎりまで人がやたら入ってくるので、むちゃむちゃ腹が立ちます。
何度立ち上がって奥の席へ行く人を通す事か。
思うに、やはりこれも不況ってことだと思います。
開演15分前などになると、残っている席を安く買えるんです。

んで、空いた頭に何を入れてきたかといいますと。
キッシン、アルゲリッチ、クニアゼフの3人。
贅沢なコンサートです。
特に、キッシン伴奏、クニアゼフのチェロそれもラクマニノフ!
もう上等なシャンパンとキャビアの夕べのようです。

アルゲリッチは相変らず高校の歴史の先生みたいだったし、クニアゼフも相変らず労働組合の組長さんみたいでした。
 
愛して止まないキッシンはかなり人間的になってしまいました。
胴回りが大きくなって中年風。動きもスムーズで普通。
でも頭は相変らずどーんと立派で、張り詰めた賢そうなおでこも健在。
髪の毛も、近くを通りすがった虫やすずめが引っ掛かる様な猛烈さを保っていました。
ずっと見つめていたので寄り目になっていたからだと思いますが、なんだかキッシンが鉄腕アトムに見えて困りました。

今回は3回もアンコールをしてくれました。

帰りの地下鉄で、最後のアンコールの曲を口笛吹いていた人がいました。
分かる分かるその気持ち。

この世で一番偉い職業は音楽家っていう私の信念は今日も揺らぎませんでした。

このテアトル デ シャンゼリゼはコンサート&ディナーというセットを用意しています。

コンサートが終わるのが22時30頃です。それからゆっくりディナーが取れるように、プラザアテネホテルのレストラン、うっとりするようなレストラン メゾンブロンシュ(ホワイトハウス)、など近所のレストランと提携しています。
25€から69€位まで予算に合わせてレストランを選べます。
なんとも優雅な夜の過ごし方です。あー素敵!

現実の私は地下鉄でサッサと家に帰って、夕食食べるのもめんどくさいと、白ワインにキュウリ、というキリギリスのような物で済ませました。