年末年始の浮かれ気分の暴飲暴食、特に暴飲。
年が明けて、日本から友達が遊びに来てくれたので、これまた浮かれて毎日暴飲。

あらー?何これー?。ズボンが張り詰めています。
私は先ず腰周りと太ももにくるんです。
1ヶ月で3KGも太っています。
そんな年頃なんだなと感動を持って納得。

ズボンが破けたらいけないので、先ずワインを飲まないでみました。
翌日1KG減っています。オー楽しい。
2日目も飲まないでみました。500グラム減っています。
なんだ簡単に落ちるわ、と気を良くした所で例のギャレット デ ロワを続けざまに食べてしまいました。(1月9日のそら豆サロン参照)
 

1つ目はピエール エルメ様のイスパナ ギャレット。
ライチやフランボワーズ、バラなどが入っている邪道ギャレット。
一緒に寝たくなるような美味しさ.
ピカピカのピンクの色を輝かせていたギャレットを見た瞬間、ウッヒョーと飛び掛ったので、写真無し。
さすが王冠まで違います。
 

 

 

2つ目は近所に数年前できて、おばちゃん達のランチやお茶に人気のある アールマカロンというお店のギャレット。
ホテル ジョルジュサンクのお菓子担当で、2004年にフランスデザートコンクールで優勝した マチュー マンダールさんのギャレットです。
次の日に食べてもサクサクパイで、やっぱパン屋のとは訳が違うわ。と幸せでした。
 

これにも理性無く飛び掛ったので、写真無し。
王冠はそこらのパン屋と同じ。
 

今年はフェーヴサロンにまで行ったのだからちょっと知ってます。

ピエール エルメ様のフェーヴ。
かわいかない。意味不明。
気取ったチョコレート屋、お菓子屋はどこも独自のフェーヴを毎年作ります。
6つぐらいのその年のシリーズセットで100€近くします。
ラデュレなんかはいつもかわいらしい嬢ちゃん的なフェーヴです。
 
 

アートマカロンなので、フェーヴも技も無く無難にマカロン。
これは1€位でその辺で買えるかな。
 
 

 

 

 

ギャレットを暴食したので、ワイン無し!というように調節してみたら今のところ2KGは減っています。
後1KGはギャレット無し、ワイン無しをすれば取れるんだろうか?

要は悪の根源はワインって事か。
悲しい。