パリの真ん中シテ島に1808年からやっている花市があります。
日曜日以外、毎日朝8時から19時30分までやっています。
長屋みたいな造りで、なかなか古臭くて情緒があっていい所です。
ガーデニング用品も気が利いてあるので、お花好きさんの為に日本へ持って帰れる物もあります。

そして花市がお休みの日曜日は、鳥市に早変わり。
日曜日にシテ島のその辺りをうろつく事がめったに無いので、もしかして始めて見た光景かしらと思うほど仰天しました。

色とりどりの可憐な小鳥ちゃん売り場には男衆が怪しくたむろっています。
それも、小奇麗なホモとかでなく、こんなん。
 
 

このオヤジ達は小鳥ちゃんが好きなのでしょうか?
なんか変!
皆同じ感じ。黒いジャンパーに崩れたジーパンに髭。
フランス人ではなさそう。

 

 

 

どーゆー事よ?とちょっと調べてみたら。

『あそこは闇の鳥の売買をやってるから、買う時は必ず鳥に脚環が着いてるのを確認し、仕入れた時の通し番号付きの領収書を見せてもらうこと。
鳥ファンとしてはシテ島の鳥市はお勧めしない。』
とブログに書いている人がいました。

独特な世界の人達のチャットを恐々続けてみてみると。
『おらも一度パリさの鳥市行ってみてんだども、あすこの鳥はうめーんか?』
と野蛮人からの質問。
あの小鳥ちゃん達を食べる人がいるんか?!と目が飛び出たのですが、ある光景がピカリと頭に浮かび、目を落っことさなくてすみました。
田舎では、朝市でチーズや花や野菜売り場の横で動物売り場もあるんです。
うさぎや鴨や鶏です。将来的に食べる目的です。
この人、シテ島の鳥市に来たらさぞかしガッカリすることでしょう。

ともかく、モロッコやアルジェリアからの密輸鳥が出回っているようです。
やっぱり、あのジャンパーのオヤジ達は鳥愛好家ではなかったみたいです。

鳥市はベルギーも盛んなようです。
鳥は好きではなく、嫌いな私にとっては、鳥好きは妙に不気味な人達です。
ベルギーに鳥好きが大勢いるのか、あーやっぱりね、ベルギーだもんねー。と根拠も無く納得。

でも中国でも鳥はオヤジの趣味ですね。鳥の喉自慢大会に出場したり。
伝書鳩もオヤジのホビーだわ。

やっぱりどーにもこーにもオヤジとは相容れないわ、私。
 

キャンディー屋さんみたいな、楽しい色合いの鳥の餌屋。