スーパーマーケットで最近変わったのは、どんな小さなスーパーでもハラル肉が売っている事です。
以前は、アラブ人街の専門の肉屋でしか売っていませんでした。

ハラル肉とはイスラム教の決まりにのっとって処理された肉です。
先ずちゃんと神父さんのごとく資格を持った人が、生きた動物の咽を搔き切って血を全部抜きます。その間お祈りを唱えています。動物の頭は聖地メッカを向いています。

と、このように神様が言った事を守った肉じゃないと食べない敬虔なるイスラム教徒がすごい勢いで増えているという事です。

クイックというハンバーガー屋は既にフィッシュバーガーの売れ行きがハンバーガーより良いお店にハラル肉のハンバーガーを発売しました。
最近は、ケンタッキーフライドチキンがパリのモスクお墨付きのハラル肉のウイングを始めました。

フランスにおいてのハラル肉産業は毎年15%の伸びだそうです。
猫でも犬でも食べている今流行のオーガニック食品の2倍の売り上げだそうです。

しかし、しつこい性格の敬虔なるイスラム教徒達の間では。
クイックやKFCのハラルはホンマかいな? 
電話で聞いてみたけど信用ならん! 
ハラル肉の卸業者はフランスの会社だからハラルじゃない!
とか熱い討論会がフランス中で密かに繰り広がれています。

犬猿の仲のイスラム教徒とユダヤ教徒、それ以外の宗教や無宗教の人達にとって、変わってるわーと理解に難しい部分がそっくりです。

ユダヤ教の肉はコーシャ。要はハラルと同じ要領で処理します。
理由は違うけど豚肉は両方とも禁止。
女性は旦那以外に髪の毛を見せてはいけない。等など。

オランダでイスラム教とユダヤ教の戒律にのっとった食肉処理法を禁止する法案が可決したそうです。
オランダ在住の大勢のイスラム教徒とユダヤ教徒達は、ベジェタリアンになるか国を変えるかの選択に迫られた為、両者一致団結して、宗教的差別だ!と訴えています。

オランダは本来宗教に対してとても寛大な国です。
今回のハラル,コーシャ禁止案は、動物愛護からだそうです。
ヨーロッパでは麻酔させて殺すので、生きながらにして咽を掻き切るのは残酷すぎる、動物はどんなに痛くて、辛い思いをする事でしょう。断固そんな野蛮行為は反対!と動物愛護協会がしゃしゃり出てきたわけです。

動物がどんだけ痛がってるか、なんであんたに分かるんだい?咽を一発でかっさくんだから痛かねーぜ。とイスラム、ユダヤチームは言い張ります。

ニュージーランドでは既にハラル、コーシャ禁止が決まっているんですね。
まーあそこは羊が牛耳ってるような国だからね。