火の無い所に煙は立たず。とは本当だわ。
数ヶ月前にフランスの国債の格付けが落とされた。というデマが広まりフランスはかんかんに怒りました。

しかしながら、本当にフランスは13日の金曜日に最高のトリプルAからダブルAプラスに落とされました。
今のサルコジー政府の反応。

『まあねーいいニュースじゃないけど、破局ってわけでもないさ』とか
『アメリカの格付けエージェントがフランスの政治をするわけじゃないんだから』とか
『これは、フランスの財政の問題ではなく、欧州の統治システムの問題だし』とか
『フランスはクラスの優等生で、今まで20点満点(フランスの試験は20点方式)取ってたのが今回19点取ったって事だけじゃない』
とかいう冷静?な反応。

デマの時の大剣幕はどーした?

こんなんだから努力の姿勢無し!と言われて落っことされるんじゃないの。

これに反してサルコジーの敵陣は。
『こりゃ大変だ、サルコジーの無能さがよーく分かりましたね』とか
『情けない。我々フランス国に恥をかかせた、それはサルコジー。』とか
次の大統領選に向けて嬉々としてサルコジー陣営を攻撃しています。

今、最高のトリプルAを持っていて危ぶまれていないのはドイツしかないようです。

イタリアは今回トリプルBプラスに落とされました。
これは、タイ、南アフリカ、カザフスタン辺りと同じレヴェルです。

日本とスペインは共にダブルAマイナスだったのが、スペインはシングルAに落第。

ギリシャなんてダブルCです。Dになったらもう返済能力なし、破産です。

皆がどんどん落第していって、借金する時高い利子を払うようになれば、当然国民のクレジットも厳しくなっていき、車や家を買えなくなる。
経済ますますへたれる。

フランス人は元々性格的に厭世主義、悲観主義なので、世界でも常にペシミストのチャンピオンです。

2012年に向かってフランス人は今までに無いほど『この世の終わり』気分です。

10人に8人のフランス人が2012年は経済的になお一層厳しくなる。と見ています。

51カ国中、ペシミストランキングで1番から9番までがヨーロッパ人が占めています。

あの生き地獄のようなイラクの人々より悲観的です。
彼らには強い神様がついているからでしょうか。

世界の幸せさんはブラジルです。
71%のブラジル人が希望一杯でいます。

パリでも観光客のポルトガル語、スペイン語がよく聞こえます。
南米系は今イケイケです。

そういえば、『ケ セラ セラ』って納得できない言い方のフレーズもオリジナルはスペイン語だな。
文法的におかしいけど。

歌の中だけでなく、スペイン人って本当に日常的にもこんな風に言うのかな?