ここ数年パリ市内で大きく変わったのが自転車人口の増加。
ヴェリヴのお蔭です。ヴェリブとは、市内あちらこちらに配置されている自動レンタル自転車です。
年会費を払えば、30分間は無料、それ以上は超過料金を払うシステム。
パリ市内なら30分あれば大体たどり着けます。
しかし問題は目的地近くの自転車パーキングが一杯で自転車を返せなくてオロオロすることです。
その場合その満杯のパーキングで、返しに来たよ、というサインをすれば15分は猶予をくれます。気が利いてます。
道にはどんどん自転車専用レーンができています。
私の友達も待ち合わせにすーと自転車で現れたりして,偉いもんだね!と私に感心されています。
私は人の事を信用できないので、私が几帳面に走っていても、どこぞのタコやロバがあたしに突っ込んでくるに違いないと怖くてパリ市内では乗れません。
実際自転車事故は多いです。
で、そのうちシェアーリング車も出てくるよね、なんて遠いー未来形で話していたのに、もう出来上がりました。12月5日に登場!
この子です。4人乗り、カーナビ、オーディオ、エアーコン(エアーコンなしの車はフランスでは驚き物ではない)付き。最高速度130KM。名前はオートリブ。

これが登録カードを入れて事務処理をするメータ。

電気コードで繋がれています。
こんなパーキングが250箇所できました。6月までに1120箇所に作る意気込みです。

料金は1年間個人で144€、家族で133€を払って入会。最初の30分が5€、次の30分が4€、以降毎30分6€。高いんだか、安いんだか、タクシーの方が安上がりじゃない?とも思いますが。

気になるのが、運転中故障したとか何とかの時どーすんの?
驚く事にちゃんと対策してありました。
エレヴェーターみたく緊急ボタンが車についていて、250人のお助けマンが常時待機しているそうです。

このカーシェアーシステムは世界初だそうです。

でも、環境にいい電気自動車とか電気バイク、何処で作った電気を大量に使ってんのさ?
原発電気でしょ。

フランスの緑の党の人も、イヤイヤ公共の交通をより充実させるべきだ!と言っています。
ハイ、私賛成。

今のところ、1日10台の車が事故や故障やらがあるそうです。